人気ブログランキング |

前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


昨日の野球、U-18日本ーカナダ戦は
奥川投手の奪三振ショーだった。

それはもう圧巻で、先日の甲子園、智辯和歌山との
延長14回を投げ切った奥川投手と重なってしまった。

e0366084_11044533.jpg
(BS5テレビより、以下同)

1次ラウンドを勝ち上がった日本は、
いよいよスーパーラウンドの初日を昨日迎えた。

投手は、甲子園準優勝星稜の奥川投手。


e0366084_11092056.jpg

まず、初回のマウンド。
第1球はストライク(148キロ・多分)先頭打者三振。
続くバッターも三振。3番打者にセンター前ヒットを許すも
4番を三振に仕留め0に抑えた。

2回目は3者連続三振。3回目も二つの三振。

4回目に4番打者にソロホームランを浴びるが
3つの三振を取る(ここで、すでに11奪三振・まだ4回)

5回には、味方打線が相手のエラーも絡めて2点を入れ逆転。

6回も三者連続三振。
7回のマウンドで、100を越したが103球で片づけた。
(105球以上投げると、中4日投げられなくなる規則)

この辺の球の采配も抜群の制球力で圧巻でした。

奥川投手は、7回(103球)を投げ、なんと驚くべき18奪三振。
(25コのアウトのうち、18個の三振)
失点は、ホームランの1点のみでした。

その後、8回,9回は飯塚投手が好リリーフで
日本 5ー1 カナダでした。

さぁ、今夜は韓国戦応援します。



by maehimawari | 2019-09-06 11:36

今朝は、北からの風がひんやりとすっかり秋風になりました。
あの酷暑は過ぎてくれたのか?

ホッと一息つきながら観た朝ドラ。
なつと亡くなった天陽との最後の会話のシーンを
観ていたらボロボロ涙がこぼれてしまった。

もうすぐ「なつぞら」も終わるし、夏も終わる。
またまた、寂しさと戦わねばです。

ますます「よみほっと」のハガキ応募や
俳句などのハガキ投稿しなくては・・・


そんな訳で、ハガキ購入と散歩に出かけました。
まずは郵便局へ向かう。



e0366084_13420875.jpg


入り口に可愛い黄色いミニバラが咲いていました。

郵便局で、最近、送料とかを切手で支払えることを知り、
ダメもとでハガキも古い切手(未使用)で買えるかどうか?
確かめた所OKでしたよ〜。(手数料5円)
なにせ、古い切手が沢山ありますからラッキーでした。






e0366084_13374936.jpg

帰りはあっちこっち寄り道して、鮮やかな黄色のハイビスカス。



e0366084_13404032.jpg

アリさんも元気です。



e0366084_13573537.jpg

やっとコキアらしいコキアを見つけました。
このぐらいの天気が続くと嬉しいです^^



。。。。。。。




昨日、野球U-18はパナマと対戦して
日本 5ー1 パナマ(6回途中降雨でコールド)で勝利し
スーパーラウンド進出を決めました。

投手は、西投手(創志学園)
6回、4安打、1失点、7奪三振の好投でした。

雨で開始時間が大幅に遅れたりして
あまり集中して観られなかったのですが昨日は勝って良かった。

その前の台湾戦は、やはり雨で5回コールド負け
(日本 1-3 台湾)でした。

日本は1次リーグを4勝1敗でスーパーラウンド進出です。

いよいよ、佐々木投手や奥川投手が出番となりますか?
佐々木投手の指マメの状態が気になるところです。




by maehimawari | 2019-09-04 14:23

昨日は防災の日でしたが、
ここに越してから避難場所の確認をしていませんでした。

この地区の小学校は、我が家から北の方にありましたから
昨日の散歩は、避難場所の確認という事で
あまり行かない北へ向かって歩きました。


e0366084_12390705.jpg

これは、昨日でなく少し前に撮りましたが
今、いたるところで百日紅が我が町を彩っています。

そして、道ばたに落ちたその花びらが目立つようになって来ました。

白、薄いピンク、濃いピンクと色々種類もあるようです。



e0366084_13175398.jpg

鴨川沿いの公園は濃いピンクでした。
白はほとんど花びらはついていませんでした。


さて、北へ向かって小学校に着きました。
そこにも百日紅があって、綺麗でしたが花が散り始めていました。

校門のところに「避難場所」と書いてありましたから
私達はここに避難するんだな。と確認しました。

この町は、昔は鴨川が氾濫し水害が多かったようですが
河川の整備が進み、その後は水害は無いようです。

帰りは別の道を歩いたのですが
裏通りで農家の番犬に吠えられたり、道に迷ったり
深呼吸などしてしまう情けなさで、ヤレヤレです。


。。。。。。




昨日の野球U-18は、なんと、5連覇を狙うW杯18連勝中という
アメリカを相手に16得点(16-7)という大勝でした。


e0366084_13443133.jpg
(BS5より、以下同)

アメリカは、左打者が多いという事で
林投手(近江)が先発でした。

3回には日本は打者一巡の猛攻で一挙に5得点、4回にも5得点
終わってみれば、アメリカ相手に(日本16-7アメリカ)大勝でした。

これで、スペイン、南アフリカにも勝ちましたから3連勝です。



e0366084_13515270.jpg






by maehimawari | 2019-09-02 14:01

今日もいい日^^

朝、「なつぞら」が終わってから、BS1のカブス × メッツ観戦。
カブスの先発はダルビッシュ投手。

このところ、好投しているのになかなか勝ち星に恵まれない同投手。



e0366084_13015915.jpg
(BS1テレビより、以下同)


ひげをたくわえ、ワイルドになったダルビッシュ投手。

まずは、1回のマウンド。3者凡退の上々の立ち上がり。

e0366084_13072776.jpg

2回、3回も0に抑えます。


しかし、4回にメッツのスーパールーキーらしい
アロンソにソロホームランを浴びます。

しかし、しかし、味方打線は今日は力強い援護射撃
5回に、ラッセル選手の逆転2ランホームラン。
さらに、6回にはバエス選手の2ランも飛び出し
ダルビッシュ投手を助けます。


同投手も打席では、粘って粘ってフォアボールを選んだり

e0366084_13202456.jpg

このバントは失敗ですが頑張ります。


そして、6回のマウンドで日米通算2500奪三振を達成しました。


このまま同投手は、8回のマウンドを降りるまで
1点もやらぬ快投でした。

8回(104球)を投げて、ホームランの1失点のみ。
7奪三振で5勝目を挙げました。

カブス 5ー2 メッツ

久しぶりにダルビッシュ投手の雄姿が観れて
嬉しかったな〜。元気貰いました〜。


by maehimawari | 2019-08-28 13:33

令和の怪物 佐々木投手


それは、まさに本当であった。

いや〜、足を高く上げて投げる剛速球が凄くてあっという間に
12球で佐々木投手の先発は終わってしまったのです。

昨日、U-18壮行試合
高校日本代表×大学日本代表があったのですが
高校代表先発は、佐々木投手(大船渡)でした。

まず、大学代表は森下投手(明大)が
3者凡退の上々の立ち上がり。

続く高校代表の佐々木投手のマウンド。


e0366084_11035493.jpg
(BS5テレビより、以下同)


先頭打者に初球は152キロ、何球目だったか?レフトフライでアウト。



e0366084_11114353.jpg

続く2番打者には、156キロ(黄色〇)が出ました。
「ウウワァ〜」と思っているうちに三振。


e0366084_11154612.jpg
153キロも出てました。



e0366084_11174955.jpg

これは、10球目の投球中。


3番打者も三振です。
とにかくストレートはすべて150キロ以上だったようです。

1回をわずか12球で無失点。2奪三振という快投でした。


てっきり、2回も佐々木投手と思いきや
佐々木投手は1回でマウンドを降りました。

あまりにも早くて、佐々木投手の顔写真は撮ったのですが
あの足を高く上げる投球フォームは撮れず
マウンドの球速や投球はすべてVTRです。



その後は、両チームとも接戦を繰り広げ
5-5と引き分けました。


e0366084_11251231.jpg

甲子園で大活躍だった星稜の奥川投手とのツーショット^^


e0366084_11242730.jpg
さぁ、U-18頑張ってきてください。
テレビ中継が楽しみです♪

by maehimawari | 2019-08-27 13:19

甲子園 履正社初優勝


e0366084_11122605.jpg
(NHKテレビより、以下同)


昨日の決勝戦は、どちらが勝っても初優勝。
結果は履正社が星稜を降し
(履正社 5-3 星稜)初優勝しました。


星稜奥川投手は、1回の立ち上がりに池田選手に
3ベースヒットを打たれますが0に抑えた。

履正社は、清水投手が初回2つの三振を含む
三者凡退の上々の立ち上がり。

2回に1点をもらった奥川投手は
3回に制球が定まらず、フォアボールを2者続けて
次の4番、井上選手に逆転3ランを浴びてしまいます。


e0366084_11291575.jpg
(井上選手の逆転3ランホームラン・VTRより)


その後、星稜打線は7回に山瀬選手の2ベースタイムリー、
知田選手のタイムリーで2点入れて同点とします。


が、すぐに8回、履正社は野口選手と代わった岩崎投手
のタイムリーで2得点と星稜を突き放し、そのまま逃げ切りました。



e0366084_12185381.jpg


こんなに打たれた奥川投手を観た事が
無かったですが


e0366084_12143831.jpg

本人は、試合後の記者団に笑って「ここまで来れて良かった
最後まで笑顔でいたかった云々・・・」と語っていました。



e0366084_12195981.jpg

閉会式が始まると、奥川投手は込み上げるものを
抑えきれませんでした。



e0366084_12214520.jpg

今度は、直ぐU-18がありますから頑張って下さい。

高校野球がとうとう終わってしまいましたが次のU-18が
また楽しみです。




e0366084_12252829.jpg


ちなみに、今回の甲子園でとった私のメモです。
結構沢山の試合を観ました。

私が一番記憶に残った試合は
延長14回、タイブレークの星稜4ー1智辯和歌山戦です。
あの時の奥川投手は、信じられない強さでした。


閉会式の講評もメモってあるのですが
長くなったのでこの辺で・・・

拙い独断と偏見の甲子園ブログにお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

by maehimawari | 2019-08-23 12:36

雨で1時間遅れの甲子園。

第1試合は、履正社 7-1 明石商。

先攻の履正社は、初回に明石商のマウンド
中森投手の立ち上がりを攻め、一挙に4点先取(6ヒット)

その裏、明石商も来田選手のホームランがでたが
そのまま試合は履正社がリードし、決勝進出を決めた。


e0366084_15264721.jpg
(NHKテレビより、以下同)

。。。。。


第2試合は、星稜 9-0 中京学院大中京


e0366084_15533981.jpg


奥川投手は、1回の立ち上がりヒット1本許すが0に抑え
続く2回、3回、4回、5回、6回と三振を含む3者凡退で
圧巻のピッチングであった。

味方打線も1回からヒットが出て点を入れ
3回には、先頭知田選手のツーベースヒットから
福本選手のタイムリーでまず1点。

続いて、2アウトながら岡田選手と奥川投手のフォアボールで
2アウト満塁で、山瀬選手のタイムリーヒットで3点追加。
この回一挙に4点。

その後も集中打がでて最後は9得点となった。

奥川投手は、7回で87球を投げ、2安打、10奪三振の好投であった。

さらに、マウンドは降りたがレフトを守り、
9回の最後には、レフトで2本の好捕があり、最後まで試合に貢献。




e0366084_15543195.jpg


素晴らしい試合続きで、夢中になってしまって
すっかり日が暮れてしまった。

さてさて、決勝は22日(木)の
14:00からだそうです。


楽しみだな〜。






by maehimawari | 2019-08-20 16:03

今日はもう準々決勝となってしまった。
連日、接戦やら猛打爆発やらと劇的なドラマが展開されています。

今日の第1試合は、明石商 7-6 八戸学院光星。

点を取って取られて、また取ってと接戦を制したのは明石商。
ベスト4に1番乗りだ。
そして、ここまで勝ち残った唯一の公立高校でもある。


e0366084_17042424.jpg
(NHKテレビより、以下同)


。。。。。


第2試合は、中京大学院大中京 6-3 作新学院。

初回、3ランホームランで3点先取した作新学院を
中京大学院大中京は、東海大相模戦でもみせた
後半勝負の集中力を発揮し逆転、ベスト4を決めた。


e0366084_17050325.jpg

。。。。。



第3試合は、昨日の劇的な試合を制した星稜 17ー1 仙台育英。

星稜のエースの奥川投手はベンチスタートで
今日の先発は萩原投手。

今日は2回に、星稜の今井選手に満塁ホームランもでて一挙に5点。
その後も、勢いに乗った星稜打線が止まらない。

内山選手に8回ソロホームラン。
9回にも内山選手のソロと大高選手のソロホームラン
計4本のホームランが飛び出した星稜打線は
22安打の猛攻で17得点でした。
結局奥川投手は投げませんでした。

昨日は奥川投手の14回を投げ抜いた投球に感動させられ
今日は17得点の猛攻打線に驚かされました。


e0366084_17075173.jpg

残りもう1試合(履正社×関東一)ありますが
この辺で今日は終わりにします。


by maehimawari | 2019-08-18 17:15

今日は、何といっても今大会屈指の奥川投手擁する「星稜」と
1イニングに3発のホームランを放った
「智辯和歌山」の試合を観なければと思っていた。

智辯和歌山先攻。
まずは、1回のマウンド星稜の奥川投手の三振も含む3者凡退の
素晴らしい立ち上がりから始まった。


e0366084_14413107.jpg
(NHKテレビより、以下同)



続く智辯和歌山のマウンドは小林投手、ヒットを打たれるも
0点に抑えるという試合運びだった。

星稜が4回に1点取ると智辯和歌山も6回に1点。
1-1のまま後半戦になって、智辯和歌山はエース池田投手にスイッチ。

そこから、延々と息詰まる投手戦が始まった。

奥川投手は、7回ですでに14奪三振で三振の山を築くが
味方打線が今一歩得点に結びつかない。

智辯和歌山も明徳義塾戦で、1イニング3発のホームランを放った
細川選手、根来選手、東妻選手を擁する打線も
奥川選手の投球に抑えられて点が入らない。

そして、延長戦12回でも決まらず、13回から
「タイブレーク」(ノーアウト、ランナー1塁、2塁から)
が適用された。(今大会ではこの試合が始めて)

その時、少し休憩があって元気を取り戻した奥川投手は
タイブレークでも、球速、コントロールが乱れず
ガマンガマンの粘り強い素晴らしいピッチングであった。


e0366084_15001962.jpg


そして、14回、味方の福本選手の3ランが飛び出し
4-1の
さよならで勝利が決まりベスト8進出です。


それを見て、やはり好投を続けていた
智辯和歌山の池田投手は、マウンドに崩れ落ちてしまった。



e0366084_15025923.jpg

長い長い試合だった。


e0366084_15034206.jpg

死闘を勝ち抜いた奥川投手にも涙が光った。

今試合で、奥川投手は165球を投げて、なんと23奪三振。
3安打の1失点という素晴らしい内容であった。

この涙を見た時、私も思わず涙が出てしまった。
本当に素晴らしい試合をありがとう。

コメントでは、絶対最後まで投げようと思って投げた。
といっていた。


e0366084_15090600.jpg

さよなら3ランホームランの福本選手。


ちなみに、智辯和歌山の監督も奥川投手を称えていました。

本当に素晴らしい試合を観る事が出来幸せです。


by maehimawari | 2019-08-17 15:19

今日は、第2試合の東海大相模を応援していました。


e0366084_14413691.jpg
(NHKテレビより)



東海大相模の先発は、1年生の石田投手。
2回の、ノーアウト満塁のピンチを1点先制されるが
そのまま中盤まで頑張りました。

1-1で迎えた6回の裏
東海大相模は井上選手のソロホームランで
勢いづいてもう1点追加して勝ち越したので
この辺で「よっしゃー」と喜んだ。


が、しかし、7回、中京学院大中京の長い長い反撃が始まりました。

ノーアウトランナー1塁から始まって
連打、タイムリーで1点、同点、逆転、云々と続き
東海大相模の投手は次から次へと交代していく。

その回の中京学院大中京は、一挙に7点の猛攻でありました。

結果、東海大相模 4ー9 中京学院大中京

中京学院大中京のベスト8進出は44年振りだそうです。



。。。。。



上記の東海大相模戦の前に
カブスのダルビッシュ投手が、フィリーズ戦に先発登板した
試合をBSで後半だけでしたが観ました。


e0366084_15204497.jpg
(NHKBSより、以下同)


今日は素晴らしい投球でした。

なんと、7回を無失点、無四球、毎回奪三振の10奪三振です。

7回にマウンドを降りる時、
(カブス5-0フィリーズ)で、当然勝ち投手の権利を持って
降板したのでしたが、試合が終わってみると
カブスが9回に逆転されて5-7となり
また、また、ダルビッシュ投手に勝敗はつかずでした。

解説者が言ってましたが、ダルビッシュ投手は
これで、37回目の2桁奪三振だとか・・・


e0366084_15333695.jpg

お疲れさまでした。

by maehimawari | 2019-08-16 15:39