前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る


夏の間は姿を見せない富士山が
ようやくシルエットになって出現。

我が家のベランダからの初冬(昨日)の夕景です。

e0366084_20044879.jpg

よく見ないと分らないような富士山(真ん中にうっすら)ですが
冬になると温度が低くなり、空気が乾燥して澄み渡り
どうやら、埼玉の我家からも見えるらしいです。


e0366084_20062060.jpg


最近もよく夕焼けになるのですが
帯のような線の様な味気ないものでした。

昨日は珍しく空高く薄い赤紫に染まり眺める事が出来ました。

夕焼けは子供の頃から大好きで
山あいに沈む夕日を眺めながら、何時も夢見ていました。

まさか、富士のシルエットが浮かぶ夕焼けの
ベランダに住むとは思っていなかったので
なにはともあれ、これだけは気に入っています。



それから、お昼頃ベランダでは
バッタが一休みしていました。


e0366084_20074089.jpg



ここは4階ですから、きっと風に乗って来たのでしょう。

バッタは、土の中に卵を産んで越冬するそうですから
このバッタは、やがて落ち葉と同じ運命をたどるようです。

束の間の休息に我がベランダを訪れたよう・・・
じきにいなくなってしまいました。



そして、これは珍客とはいいませんが
今時分珍しい「凧」

e0366084_20081752.jpg


最初、あれっ珍しい鳥~と思ったのです。

しっかし、さすがのオトボケ頭の私でも
じ~っと眺めていると
何となく雰囲気が違うのが分かって来ました。

公園でパパが子供と凧で遊んでいたのでした。

昨日は久しぶりだったり、珍しい情景に出会ったり
家にいるだけの暮らしも結構楽しいものだと思いました。

[PR]
by maehimawari | 2018-11-26 14:53

追いかけて 追いかけて


すがりつきたいの~♪
(恋のフーガ・ザピーナツ)

残念ながら、そのようなロマンチックなお話ではなくて
1か月前に出会った紫陽花が、いまだ変わらず紅いので
不思議に思って追いかけています。


e0366084_13083328.jpg

朝晩は、いよいよ冬の到来を感じさせますが
今朝もフェンスから飛び出した紫陽花には
明るく眩しい日が当たっていました。


紫陽花は今日も変わらず、赤紫がむしろ鮮やかになったのでは?

「プラセンタ(若返り?)使用中よっ」
と思わせるたたずまい。


e0366084_13085808.jpg


1か月前とほとんど変わりません。



1か月前が

e0366084_13095119.jpg

こちらです。

遠目には今日の方が濃い紫のような感じがしました。



e0366084_13092955.jpg

この紫陽花のあるところは
ある中学校のサッカーとテニスができるグランドの端っこ。

フェンスで立ち入り禁止ですから全体像が撮れず
桜の木の下で影になっています。

最初の色がどんな色だったのか?
とても興味があるのですが知る事は出来ず
せめて、今後どうなるか?知りたく、追いかけるしかありません。

実は鴨川沿いの公園に行くたび
この紫陽花はチェックしているのです。

出来れば、来年どんな花が咲くのか見届けたいものです。

その前の冬越しはどうなるのかな~?
興味がありますのでまたブログに載せます^^





[PR]
by maehimawari | 2018-11-25 14:33

タイトル通り、私の故郷(新潟)は只見線沿線。

只見線(会津若松~小出)は、新潟と福島の県境を走る路線で
鉄道ファンや秘境ファンにとっては人気が高く有名な所です。

昨日、やはり只見線沿線に住む友
Yちゃんから電話で、またまた新潟情報が~。

なんでも、RちゃんやMちゃん達と
みんなで魚沼のとある場所でお茶会をしたそう。

その時、只見線の話題が出て
今では俳優として世界的活躍の渡辺謙さんが
「只見線復興応援」(只見線は一部、新潟・福島豪雨で不通)
というイベントにゲスト出演して只見線に乗ったのだそうです。

先月の事らしいですが、Yちゃんは車で追いかけて
只見線沿線の我が村駅も
大変な賑わいだったといっていました。

渡辺謙さんは魚沼出身で
先日93歳の叔母の話を書きましたが
その叔母の息子さんは謙さんと同じ高校で
しかも同級生です。

それって、全然何の関係もないですが
何となくニンマリしてしまうひまわりでした^^


。。。。。。



さて、話は変わって
昨日見たお寺のモミジがやっと紅くなって来ました。

e0366084_22085998.jpg


青いモミジの間に少しだけ・・・



e0366084_22093411.jpg


今年は中々紅くならず



e0366084_22100216.jpg


これから紅くなるのでしょうか?
チリジリと縮れないで綺麗に紅くなると良いな~。


[PR]
by maehimawari | 2018-11-24 14:35


今日の日差しは、明るく眩しくいい気持ちです。

まだ暖かかった初秋の頃、ボランティアの方が
「11月になったら植え替えします」と
言っていた公園の花壇に行ってみました。


e0366084_13425036.jpg
そこは、以前の雰囲気と全く違って
初冬でも明るく咲いてくれる色とりどりのパンジーと
デージーなどが咲いていました。


e0366084_13423265.jpg

時節柄落ち葉とのコラボレーション


e0366084_13473743.jpg

e0366084_13485092.jpg


パンジーは色々種類があって


e0366084_13511546.jpg

色鮮やかなパンジー



e0366084_13551763.jpg

大人しめのパンジー、どれも個性があって可愛い。



ちなみに初秋の花壇は


e0366084_13580077.jpg

こんな感じでした。

いずれも道行く人々を
楽しませている事には変わりないようです。



[PR]
by maehimawari | 2018-11-23 14:05

晩秋の色濃い景色


私がいつも行く鴨川添いの公園は
ドウダンツツジもナラノキなどもいよいよ紅葉
晩秋の色濃い景色となって来ました。


e0366084_21223799.jpg


2~3日前の公園ですが
寒くなって来たのか、朝早かったのか
ウオーキングロードも閑散としていました。



e0366084_21101811.jpg

紅葉一番乗りだったハナミズキは
自慢の真っ赤な葉っぱを落として
可愛い実だけが所在なげです。




e0366084_21233333.jpg


サルスベリの葉っぱも紅くなって来ました。
実は青と黒になったのもごちゃ混ぜ。




e0366084_21240851.jpg

シジミチョウ(?)は、寒くなって来たのか?
ちっとも動きません。



e0366084_12424346.jpg

今年はモミジが方々で、紅くなったのもあるのですが
葉っぱが縮んでしまって、クシャクシャが目立ちます。

これはまだ青いところを撮りました。



e0366084_12521267.jpg


町は冬へ向かって駆け足のようですが
鴨川は相変わらず穏やかでゆったりしています。

[PR]
by maehimawari | 2018-11-22 14:39

母方の叔母 93歳


昨日の夕方、従妹のTちゃんから先日の新潟行きの連絡がありました。
あの日、こちら埼玉は上天気でしたが
新潟は雨が降って肌寒いあいにくの天気だったもよう。

墓参りが一番の目的でしたが
93歳で元気にしている叔母に会うのもひとつの目的でした。

叔母は、Tちゃんにとってはお父さんの妹、私にとっては母の妹として
二人とも大変お世話になり敬愛する叔母です。

叔母は母より10歳くらい年下で、母がガン闘病で入院した病院では
ずっと亡くなるまで、父方の叔母と交代で看てくれました。

母亡きあとは、私が実家に行くたびに顔を出してくれて
「バァバの代わりだよ~」といって、私の息子達にお小遣いを渡してくれて
自分の孫のように可愛がってくれました。

3年前の兄の葬儀では、実家に向かう途中で叔母に会う事が出来ました。
元気な姿を見た時、胸がかきむしられるほど懐かしかった。

そして、昨年主人が亡くなった時、香典と電話が来ました。

主人とも何度も会ってる叔母は
「長く生きていると、悲しい事がいっぱいあるんがのんし。
ひまわりは、元気出して旦那さんの分も昭一(兄)の分も
いっぱい生きねばならんこてや」といいました。

それは母の言葉のようで、勝手に涙が止まらなかった。
あれから1年経った。

今は小さな畑を耕しながら、耳が遠いだけで元気に暮らしているという。
Tちゃんの報告は、久しぶりに嬉しい知らせで本当に良かった。



e0366084_13111052.jpg


今頃、新潟は紅葉も深まり
冬支度が進んでいるのだろう。

私も叔母に負けないように少しずつだが歩いて、歩いて
太ももが固く筋肉がついて来た。


もうじき私も田舎行けるよ。
私も叔母に会いに行きたい。








[PR]
by maehimawari | 2018-11-21 13:40

風車菊


昨日の畑では、先日(1週間前)見かけた風車菊と
また違った風車菊が咲いていました。


先日は多分ツボミだったのだと思います。


e0366084_21140732.jpg


花びらが行儀よく平らに並んで
先日の風車菊より幾分小さめ。



e0366084_21144319.jpg

これが先日の風車菊


e0366084_21151838.jpg

これが昨日の風車菊
(先日の風車菊もまだ綺麗に咲いていました)

花びらの根元が筒状なのは一緒ですが
色も形も違い、こちらは淡いピンクが優し気です。

二つとも共通しているのは背が高い事。
菊畑の中でひときわ目立ちます。

菊が女性だったら宝塚男性役の趣あり~^^


e0366084_21155731.jpg


こちらも新しく咲いていた清楚な色、一重でした。



e0366084_21162421.jpg


オレンジも発見!



e0366084_21165537.jpg


昨日は色とりどりの菊畑に、さらに、新たな菊が花開き
賑やかな菊畑となっていました。

[PR]
by maehimawari | 2018-11-20 14:47

昨日、花と実が同居という
珍しい風船植物を見つけました。

ブログに書くのも初めてで
もちろん、名前も分からずなので調べました。

どうやら「風船唐綿(フウセントウワタ)」というらしい。
いわれてみれば、な~るほど!でした。

まずは花が

e0366084_12563133.jpg

こんな感じで可愛い小さな花でした。
白い花びらは羽子板の羽みたいです。


そして、実は


e0366084_12593116.jpg


花より数倍大きくてユニークです。
確かに風船のように膨らんで
花材としても利用されているようです。



e0366084_13034937.jpg

花が上の方にチラッと小さくて見にくいですが
花と実の同居です。


その隣には、ピンクのヒガンバナ??と思いましたが


e0366084_13100663.jpg


ダイヤモンドリリー(ヒガンバナ科)



e0366084_13113743.jpg

この実は調べましたが分りませんでした。

このごろ名前の分からない植物によく出会います。

まだまだ、謎多き我が町でした。




[PR]
by maehimawari | 2018-11-19 15:05

昨日、小さな森(上加南自然の森)を通ると
木々の間から森の中に陽が差し込んでいました。

そして、そこにポツンとススキの一株が
晩秋の夕陽をあびてキラキラしていました。



e0366084_13393178.jpg

遠い彼方から哀愁の響きが聴こえて来そうな佇まい。




e0366084_19322221.jpg



疲れた羽を休めている渡り鳥の姿にも似て・・・



e0366084_19324606.jpg


あたりにとりわけ目立った背の低い草花はなく
ススキにだけ、スポットライトがあたっていました。


私の中で、秋の思い出と言えば
夕焼けとススキは外せない情景です。

夕方散歩が思いがけずの出会いで嬉しく思いました。


ちなみに、前日の昼間のススキです。


e0366084_14022191.jpg

どちらも好きです^^










[PR]
by maehimawari | 2018-11-18 14:05

落ち葉のハンモック


小さな森の中
落ち葉がハンモックの上で一休みしていました。


e0366084_17423297.jpg

落ち葉3兄弟

地面に舞い降りてしまえば
そのまま腐葉土になって
土にかえらなければなりません。


e0366084_17460771.jpg

束の間の休息だけど
人生終わるのはまだ早いさ。

ハンモックが命拾いさせてくれました。

せっかくもう一度もらった命
そう思って、3兄弟はあたりを見渡すと

真っ赤なハゼノキの手前でぶら下がる
モミジを見つけました。


e0366084_17484466.jpg


モミジの葉っぱは、まだ紅くなりきれていません。
そして、形も崩れていない。


3兄弟は、かっては俺たちもまだ若かったよね。
と、モミジをみて胸がキュンとした。

でも、もういいや。
俺たちの戦いは終わったし、ガマンする事など何もない。

しんどかった事は全部出尽くしたし、過ぎ去ったよ。



e0366084_20263820.jpg

ハンモックに揺られて
しばし、夢をみよう。


そんな風に感じた、小さな森の秋の日でした。




[PR]
by maehimawari | 2018-11-17 13:18