前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧



早いものでタイトルの病名診断から半年が過ぎました。

未だ名前が覚えられない「原発性アルドステロン症」
副腎の良性腫瘍です。

良性だからいいよね。という訳にはいかず・・・
副腎はホルモンを司るところで
血圧にも深く関与するらしい。

それもあって、ずっと血圧測定を毎日続けていました。

そして、9月6日、半年ぶりで検査に行って来ました。

検査というのは血液検査の中にホルモン検査が入ります。
このホルモン値が異常だとまずい訳です。

前回は基準値に入っていましたから
手術はしないで済みました。

さて今回は?
結果が先週出ましたので、また行ってきました。

半年ぶりの主治医からは、穏やかな表情で
「数値はあまり変わっていませんね」と嬉しい結果報告でした。

そして、私からは半年間にあった色々な出来事。
ペースメーカー手術や
今現在、血圧が安定している事などなどの報告。

主治医も色々あったのですね。
と忙しくカルテに打ち込んでいました。


e0366084_14020650.jpg
(高台からぶら下がっていた町のハゴロモルコウソウ)


e0366084_13574410.jpg

主治医にも励まされてゆっくりですが
少しづつ散歩も再開しています。

この病院は遠くて
以前は息子に連れて行ってもらっていましたが
今は一人で行けるようになって嬉しい事です。


[PR]
by maehimawari | 2018-09-17 14:14

生きかえる



昨晩、北側の窓からの冷たい風で目が覚めました。
「ブルッ」とした。

驚いた事に今朝は涼しい。
どうやら、行かねばならない整形外科には行けそう。

良かった。
水を得た魚・・・
それほどではないかも知れないが
雨に当たったアマガエルぐらいの心境だ。
あぁ、生きかえる。


e0366084_08011223.jpg

e0366084_08003969.jpg

実は昨日の朝
猛暑で頭がボ~~としていたらしく
食後の血圧の薬を飲み忘れてしまった。

イヤに気分が悪く血圧測ると上が145~ぐらい。
よく考えると薬を飲んだかどうかの記憶が無いのである。

それで、薬の紙に飲み始めた日にちが書いてあるので
逆算すると飲んでいない事が分かり
急いで飲んだ。

でも、大事を取ってシャワーも止めて
大人しくしていた。

今日は2か月ぶりの整形外科で
「今度はペースメーカーですか・・・」と先生。

その前は副腎だった。
先生も年を取ると色々ありますから気を付けて下さいと
それしか、いいようがないよ。という顔をしていた。

また、2か月分の骨粗鬆症の薬をもらって帰りました。

でも、今日はシャワーも浴びたし
軽く居眠りもして、生きかえった気分です。

[PR]
by maehimawari | 2018-07-26 14:29 | Comments(14)

術後初の外来



ペースメーカーを入れて
退院してから早2週間が経ちました。

今日は術後初の外来でした。

手術執刀医が主治医になりましたから
外来は満杯で、11時の予約が午後2時半過ぎ。

もう、お腹が減り過ぎて背中とお腹の皮が
くっつきそうで泣きたくなりましたがガマンガマン。

診察の前に様々な検査も
ぺースメーカーの点検も終わり
先生に「結果は良好です」といわれた時は嬉しかった~。

患部も(5センチくらいの縫った痕)
も綺麗に回復したようです。
(自分で観られないので先生がスマホで撮って見せてくれました)

最近の糸は体内にとけてしまうらしく
抜糸ってないようです。

もう、ペースメーカーが順調に働いてくれていますから
疲れるまで歩いて良し、自転車もよしというのですが・・・

にわかに信じられない?と思ったのですが
「患部に菌が入って感染症になった時は
連絡してすぐ来てください」との事。

次の点検は10月だそうです。

ヤレヤレ、一安心です。

お腹が減り過ぎていたのですが、胸がいっぱいで


e0366084_16475790.jpg



去年主人が入院している時
一人で食べたパン屋さんで食べました。

どうしても、待ってる間もパン屋さんでも
主人が一緒にいるような不思議な感覚でした。

[PR]
by maehimawari | 2018-07-13 16:43

主人と同じ病室だった!



この度のペースメーカー入れる手術を受けた病院は
昨年主人が何度も入院した病院でした。

そして、なんと病室は、今は亡き主人と同じ部屋のベッド
だったという偶然にビックリ!
(他に部屋はいくらもあるのに・・・)

主人は呼吸器内科、私は循環器内科。

診察階は2階と3階と違いますが入院病棟は同じでした。
血圧でお世話になってる先生の紹介でした。

今は、医療が目覚ましい進歩を遂げているらしく
私の手術は入院1週間の予定で
それより幾分早めに退院出来ました。

しかしながら、初めて自身の身体にメスが入るのですから
いざとなると、からっきし意気地がなく

終わった時、朦朧とした意識の中で
「生きていた!家に帰れる」と
ほっと胸をなでおろした記憶があります。


そして、今日は外に出始めて3日目

e0366084_12564199.jpg

マンションの駐車場横にあるアガパンサス。
雨に濡れてキラキラしていました。


昨年もこのアガパンサスは
ここで主人の入退院を見守っていました。


e0366084_12595610.jpg

今年は私一人ですが
同じ場所で目いっぱい咲いています。

アガパンサスがここで今年の花を咲かす準備をしている間
私の人生は目まぐるしく変わりました。


今、また、新たな旅立ちです。

器械の力を借りることになりましたが
心臓が動くのですから素晴らしい!


しっかり生きて行かねばと思っています。









[PR]
by maehimawari | 2018-07-05 13:23


唐突ですが、来週早々「ペースメーカー」を入れる
手術をすることになりました。

このブログ始めて1年半
何回こうして中断してしまったか・・・

今度こそ、今度こそと思いながら
命に係わる問題にぶつかってしまいます。

私はうっかりしていました。
人生後半はしんどかった。

何時もしんどかったので
こんなものだと思ってしまいました。
自分の心臓が悲鳴を上げていたのに気づかなかったのです。

2月の副腎の病気以来
毎朝血圧測定をしていましたが

4月頃から脈拍が30や31とか低い日がある事に気が付き
この何日か「ハァハァ」してしまうので
昨日病院へ行ってその理由が分りました。

つまり、心臓が途中で休んでしまう?
脈拍が正常に打てないようです。

また、大きな病院へ紹介状を書いてもらい行ったところ
すでに、ペースメーカーしか治療法はなく
説明を受け、手術を即断しました。

さぁ、息子たちや嫁さんは寝耳に水の話でビックリ。
私もですが・・・

でも、ペースメーカーいれれば
無理は出来なくても元気になるのです。

前向きにまだ生きるために頑張ります。

おそらく、ひまわりが咲くころには
ボツボツと復帰できるかな?
とおもいます。



それから、なにか、レイアウトが変わったようですが
よく分かりません。
また、書けるようになったら直そうと思います。




[PR]
by maehimawari | 2018-06-20 08:17


今日は雨、降る前に家を出ましたが
紫陽花を撮っていると降って来ました。


e0366084_13443960.jpg


連日の強い日差しで、しんなりしていましたが
これから雨を浴びて元気になるのでしょう。


。。。。。



先日、悪玉コレステロールを下げる薬を
飲みだして1か月を過ぎたので
どうなったか、検査をしていました。


e0366084_13505032.jpg

左が血圧、右がLDL(悪玉)コレステロール
それぞれ下げる薬。


そして、検査結果は


e0366084_13540482.jpg


薬を飲んだせいだと思いますが
ビックリするくらいに正常値に戻りました。
おそらく十何年ぶりです。


70~139が正常値ですが
2月の救急搬送時から、様々な検査をしまして
その時は221もありました。

それで、様々な検査終了後
コレステロールの薬も飲むべし、となり
飲み始めた訳です。

薬のおかげで下がったとはいえ
131まで下がるとは思わなかったので
少し安心しました。

気を付けた事は、お酒を止め、
出来るだけ魚、野菜中心の食事。
トマトジュースと玉ねぎスープ、無脂肪乳などなど・・・

コラーゲンとカルシュウムのサプリメントも止めました。
油、ドレッシングなども
トクホ(?)高コレステロールや中性脂肪に対応したもの
を使用しました。

あと、運動は無理が出来ないので
ひたすら歩く、しかし暑くなって来たので
自転車も利用です。

今はのんびり好きな事をしていますから
最大の敵であるストレスがそうないのが
いいのかも知れません?

身長は162センチ、体重は45~6キロ
けして太っていませんが
体内の血液は良くなかったようです。




[PR]
by maehimawari | 2018-05-23 14:22 | Comments(8)

血圧測定器の購入




今朝はかねてより検査を受けていた
病院の主治医に、
病名や今後の諸々を聞きに行って来ました。

それによると、私の病名は
「原発性アルドステロン症」
という、あまり聞きなれないものでした。

この病名が分かるまで
1か月半ぐらいかかりました。

今後は、いつも行く血圧治療のM病院さんの方で
血圧とコレステロールとかの治療を受けます。

今日の主治医がM医師にお手紙を書いて下さるそうです。

そして、半年後にまたホルモンの経過検査を
今日の病院で受けて行くことになりました。

さらに、毎日朝起きた時の血圧を測るように
言われましたので、血圧測定器を購入しました。

e0366084_14005763.jpg


朝起きて薬を飲む前と
飲んでからと・・・


e0366084_13151586.jpg

血圧測定器はいつも血圧の薬を頂く
薬局においてありましたので
そちらで購入し測り方を教えて頂きました。

少し厄介ですが、この歳になれば大なり小なり
病気をかかえている方は多い訳で
私も頑張ろうと思います。





[PR]
by maehimawari | 2018-03-15 13:27 | Comments(8)



我が家にもようやく春が来そうです。

去る2月3日の救急搬送以来
私の病名は二転三転しました。

結論から言いますと
腸の動脈瘤はなく、それは進んだ動脈硬化でした。

それから、さらに、副腎に腫瘍が見つかり
今まで、その腫瘍が良性であるか悪性であるか?
その検査をしていました。

そこは、ホルモンを司る場所ですから
複雑な心理状態が影響するという事で2回しました。

結果が出るまで、とても時間がかかり
その間いろいろと考えてしまい
周りの景色が全く違うものになっていたように思います。

そして、一昨日、循環器系専門の先生から所見を聞いたところ
腫瘍は良性で今すぐ手術の必要はなく

今後の動脈硬化と高血圧
高コレステロールの治療をしながらの様子見となりました。

来る15日、もう一度行って詳しく
今後の治療方針など聞く事になりました。


e0366084_17212280.jpg
(花人・赤井勝「花と遊ぶ」~読売新聞新聞入れより)
私の今の心理状態かな~と言う事でお借りしました。



今回、救急病院から帰った後
近くの血圧でお世話になっているM医院の先生に相談し

M先生がコンタクトを取れる病院を紹介して頂き
そこで一連の検査を受けました。

M先生も副腎の腫瘍を大変心配し
(あまり、いない?)
緊張していたので
こちらも大部落ち込んでしまいました。

検査の時は紹介先の病院は遠く、
所見を聞く時も
冷静に判断できる家族がいた方がいいと思い
長男に同行してもらいました。

からっきし、私は自身の病気に対するいくじがなく
なにせ、昔、中耳炎の筋肉注射で貧血起こして
耳鼻科のベッドで寝かしてもらったという
ノミの心臓なのです。

取り敢えず、危険と言われた手術を免れ
一気に我が家に春が来たよう・・・

明るい春の色に囲まれたように
嬉しくなりました。

まだ、治療が始まっていないので
何とも言えないのですが、もう、前を向くだけです。

大変ご心配をおかけしました。

沢山の応援メッセージやイイネ等
いろいろとありがとうございました。

とても励まされました。
心よりお礼申し上げます。










[PR]
by maehimawari | 2018-03-10 12:14

まさか、私が救急車に



昨晩、本当にびっくりしてしまいました。
生まれて初めて、自分のための救急車に乗りました。

過去には何回も乗った事がありますけれど
姑の胆石、脳梗塞。主人の顎打撲、肺炎
子供の引き付けなどなど、すべて家族の付き添いでした。

しかし、今回は自分が今まで生きてきた中で
初めて遭遇する下腹部の痛みでした。

元々腸が弱く、貝にあたった時は入院するほどの痛み
大腸カタルなども激しい痛みでしたが
それらの痛みは、もうすっかり忘れてしまったのです。

その痛みは、夕飯を終えてしばらくしたら
グワ~ッと吐き気と共にやって来ました。

おかしい。もう歩く事も出来ない
丸くなって耐えているとやがて静かになったので
もしや便秘時の痛みかな?と思っていたのですが
激しい痛みは一向に収まらず、吐き気が・・・

もしかしたら、盲腸かな?そんな考えも脳裏をよぎり
熱を測ってみるも熱は無し。

しかしながら、これは辛く苦しいと不安にさいなまれ
次男を起こし、入院道具を天袋から下ろし
救急車を呼ぶ決心をしました。

病院では、まずエコー検査が行われ
お腹が張って起こる痛みというより、血液の病気です。と・・・
すぐさま点滴が行われ、血液検査のあと
CTスキャンを撮りましょう。となりました。

その時、これは入院か?
みたいな話になってしまい救急隊の方にも慰められていました。

ようやくCTスキャンが終わり
詳しく話せませんが、簡単に言うと腸の血液の中に
動脈瘤があったと・・・
それが色々と色々な状況を作り痛みの原因でした。


e0366084_14371072.jpg

取り敢えず、いろいろありましたが、痛みもとれ
今朝の3時頃無事に帰って来ました。

つくづく、救急車を呼んでよかったと思いました。

また、一つの持病を抱えたかも知れません。
誰しも年を重ねると色々ありますね。

今日はゆっくりしています。








[PR]
by maehimawari | 2018-02-04 15:07



昨日の小雨降る朝
主治医、看護師さんに見送られ
主人は、何とか無事退院して来ました。
実に19回目の退院となりました。

今までは、肺炎だったり抗がん剤治療だったりと
1年半の間、入退院を繰り返してきましたが
これからは、ゆっくりと無理のない
在宅介護も取り入れることになりました。

昨日は、先日のカンファレンス通り
まず、往診の先生に来てもらって診ていただき
ケアマネさん、看護師さん、医療器具の方など
在宅介護にかかわる方全員の
顔合わせが我が家に於いてありました。

そして、次から次へと契約約款のやり取りや
説明がありました。
全く、よく分っていませんが
今時の在宅介護の様相が少し理解できました。

主人もビックリ疲れてしまって
夕飯までベッドから動けませんでしたが
皆さんが帰るとほっとして、
トイレやダイニングテーブルまで歩けました。

もう、ヤレヤレです。
とにかく、老船ひまわり号は
すったもんだしながら出航しました。

取り敢えず夕飯。
主人はじっと我慢していた
ウイスキーの水割りが飲みたいと・・・
いつもより少なめですが
美味しそうに飲みました。

並んだテーブルの先に夕闇が迫ります。

うっすら明るく見えたので
ベランダに出てみると
雨が上がって重たい雲の間に
夕焼けが顔を出しました。

e0366084_13542246.jpg

主人は見ませんでしたが
何となく
夕焼けにも励まされたような気持ちです。
ゆっくり進もうと思います。









[PR]
by maehimawari | 2017-09-13 14:06