前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧

風車菊


昨日の畑では、先日(1週間前)見かけた風車菊と
また違った風車菊が咲いていました。


先日は多分ツボミだったのだと思います。


e0366084_21140732.jpg


花びらが行儀よく平らに並んで
先日の風車菊より幾分小さめ。



e0366084_21144319.jpg

これが先日の風車菊


e0366084_21151838.jpg

これが昨日の風車菊
(先日の風車菊もまだ綺麗に咲いていました)

花びらの根元が筒状なのは一緒ですが
色も形も違い、こちらは淡いピンクが優し気です。

二つとも共通しているのは背が高い事。
菊畑の中でひときわ目立ちます。

菊が女性だったら宝塚男性役の趣あり~^^


e0366084_21155731.jpg


こちらも新しく咲いていた清楚な色、一重でした。



e0366084_21162421.jpg


オレンジも発見!



e0366084_21165537.jpg


昨日は色とりどりの菊畑に、さらに、新たな菊が花開き
賑やかな菊畑となっていました。

[PR]
by maehimawari | 2018-11-20 14:47

昨日、花と実が同居という
珍しい風船植物を見つけました。

ブログに書くのも初めてで
もちろん、名前も分からずなので調べました。

どうやら「風船唐綿(フウセントウワタ)」というらしい。
いわれてみれば、な~るほど!でした。

まずは花が

e0366084_12563133.jpg

こんな感じで可愛い小さな花でした。
白い花びらは羽子板の羽みたいです。


そして、実は


e0366084_12593116.jpg


花より数倍大きくてユニークです。
確かに風船のように膨らんで
花材としても利用されているようです。



e0366084_13034937.jpg

花が上の方にチラッと小さくて見にくいですが
花と実の同居です。


その隣には、ピンクのヒガンバナ??と思いましたが


e0366084_13100663.jpg


ダイヤモンドリリー(ヒガンバナ科)



e0366084_13113743.jpg

この実は調べましたが分りませんでした。

このごろ名前の分からない植物によく出会います。

まだまだ、謎多き我が町でした。




[PR]
by maehimawari | 2018-11-19 15:05

昨日、小さな森(上加南自然の森)を通ると
木々の間から森の中に陽が差し込んでいました。

そして、そこにポツンとススキの一株が
晩秋の夕陽をあびてキラキラしていました。



e0366084_13393178.jpg

遠い彼方から哀愁の響きが聴こえて来そうな佇まい。




e0366084_19322221.jpg



疲れた羽を休めている渡り鳥の姿にも似て・・・



e0366084_19324606.jpg


あたりにとりわけ目立った背の低い草花はなく
ススキにだけ、スポットライトがあたっていました。


私の中で、秋の思い出と言えば
夕焼けとススキは外せない情景です。

夕方散歩が思いがけずの出会いで嬉しく思いました。


ちなみに、前日の昼間のススキです。


e0366084_14022191.jpg

どちらも好きです^^










[PR]
by maehimawari | 2018-11-18 14:05

落ち葉のハンモック


小さな森の中
落ち葉がハンモックの上で一休みしていました。


e0366084_17423297.jpg

落ち葉3兄弟

地面に舞い降りてしまえば
そのまま腐葉土になって
土にかえらなければなりません。


e0366084_17460771.jpg

束の間の休息だけど
人生終わるのはまだ早いさ。

ハンモックが命拾いさせてくれました。

せっかくもう一度もらった命
そう思って、3兄弟はあたりを見渡すと

真っ赤なハゼノキの手前でぶら下がる
モミジを見つけました。


e0366084_17484466.jpg


モミジの葉っぱは、まだ紅くなりきれていません。
そして、形も崩れていない。


3兄弟は、かっては俺たちもまだ若かったよね。
と、モミジをみて胸がキュンとした。

でも、もういいや。
俺たちの戦いは終わったし、ガマンする事など何もない。

しんどかった事は全部出尽くしたし、過ぎ去ったよ。



e0366084_20263820.jpg

ハンモックに揺られて
しばし、夢をみよう。


そんな風に感じた、小さな森の秋の日でした。




[PR]
by maehimawari | 2018-11-17 13:18

昨日、背の高いカナメモチ(?)が
真っ赤な実を沢山つけているのを見つけたのです。
そして、ビックリしました。

なぜなら、見上げてみれば
火花を散らしているように鮮やかだったのです。


e0366084_19380115.jpg

目にはところどころ赤く燃えている感じでしたが^^



e0366084_19441152.jpg

これは木のてっぺん。
青い空に向かって実が燃えて真っ赤です^^

毎年こんなに実がつくのか?昨年はこの木に
実がついていたのすら気付きませんでした。


今年の5月には下の花を咲かせていました。


e0366084_20254036.jpg
(5月1日のブログより)


大きな木全体が白くなるほど見事な花でした。



隣にはこれまた真っ赤な


e0366084_20285777.jpg

ピラカンサスの実。
こちらはビッシリくっついて「イクラ」のよう。



お寺さんには今

e0366084_20311757.jpg

クロコガネモチ(?)の木に実がついていました。
上記の写真にくらべると地味です。

こちらは町なかでよく見かけます。

実もそれぞれ表情があって面白いものです。









[PR]
by maehimawari | 2018-11-16 14:04

天高く 皇帝ダリア



昨日、天高く咲き誇る皇帝ダリア
を見つけました。

是非、この目で見たいと思っていましたが
ようやく実物を見る事が出来ました^^
(過去に見た事があったか?どうか記憶になかった)

とある駐車場に飛び出していました。

e0366084_19514634.jpg

背が高い~ 花が大きい~さすが皇帝。

上記の写真は一番てっぺんの花です。
陽を燦々と浴びています。
見上げてたら首がおかしくなりそうでした。



e0366084_19521858.jpg

花は大きくて直径20センチくらいあるそうなのですが
高すぎて測れませんでした。



皇帝ダリアとは対照的に
その下では、背の低いヒイラギナンテンが
ようやく色づいて来ました。



e0366084_20201398.jpg

今年は色づくのがとても遅いような気がします。

そして、方々にヒイラギナンテンがありますが
なかなか綺麗に紅葉していないような・・・



e0366084_20292150.jpg

ここは比較的綺麗だったような気がします。



昨日は、最近パソコンに悪戯メールやら
突然侵入するスパム画面?
(セキュリティが破壊していますというもの)
などの侵入で困っていましたので
J:COMCさんに遠隔操作をお願しました。

なので、朝出かけるのが遅くなり
散歩止めようかな~と思っていたのですが
思いがけず皇帝ダリアに出会え、出掛けて良かったです。


明るい日差しはとても11月とは思えない
良き日でした。





[PR]
by maehimawari | 2018-11-15 14:18

菊 色とりどり


昨日は久しぶりに
写真の許可をもらっている畑へ行ってみました。

コスモスが終わり近くなっていて
そのそばに咲いた菊たちが色とりどりで
鮮やかに目を引きます。


e0366084_19540930.jpg


手前の花びらが筒状になるピンクの
「チヅル風車」ですが、こんなに沢山の種類とくっついて
咲いていて混じってしまわないのでしょうか?



e0366084_20171232.jpg


昔我が家では、チヅル風車と別な菊が混じってしまって
チヅル風車が絶えてしまった事がありました。




e0366084_20231330.jpg


チヅル風車の手前は黄色の菊
ぱっと明るくなります。




e0366084_20260463.jpg


白もあって思わず、あか しろ きいろ~~♪
と、ボケ防止のために口ずさんでみたり^^

歌を歌いながら、それに合わせて体を動かすと
ボケ防止に良いらしい。



e0366084_20323414.jpg

昨日は、いよいよ晩秋と言った感じで寒かったですが
色とりどりの菊が綺麗で立ち去り難かったです。



[PR]
by maehimawari | 2018-11-14 13:50

いよいよ黄葉



2週間ぐらい前のイチョウの葉っぱは、一部の黄葉でしたが
一昨日また見に行くと、いよいよ黄葉といったあんばいでした。


e0366084_07214195.jpg


空が真っ青で黄色い葉が前回と同じく
やはり、眩しかったです。



e0366084_07221158.jpg


隣のグランドでは、野球の試合があって
大勢の荷物が置いてありました。
葉っぱもかなり落ちていました。



e0366084_12304667.jpg


この黄色の誇らしげな世界から
役目を終えた葉っぱたちが沢山舞い落ちて来る。

どうも堆肥には不向きらしいし
もったいないような気がする。


e0366084_07224095.jpg


この葉っぱもやがて散るので
一昨日はしっかりと別れを告げてきました。


[PR]
by maehimawari | 2018-11-12 13:17

今が一番と 1輪のバラ


昨日は11月とは思えぬ暖かな日。

散歩をしていると中学校の校庭で野球の試合があって
応援の人たちで賑わっていました。

私もつられて入ってみたのですが
花壇の隅の1輪のバラに目が留まりました。


e0366084_09440035.jpg

すっくと立って
「ここよ、この位置で撮って。私は今が一番」
と言わんばかり。

たしかに、上の方に2輪ありましたが
盛りが過ぎて花びらは落ちています。

おそらく、このバラが散れば木枯らしの吹く
寒い冬の到来はすぐなのでしょう。

ピンクのよくあるバラで
昔はこのバラをドライフラワーにしましたが
名前を忘れました。



その横では


e0366084_09444869.jpg

チェリーセージーホットリップス


こちらは、随分長い事あちらこちらで咲いていて
私のブログで最初に載ったのは5月頃でした。



e0366084_13151972.jpg


まとまって仲良く咲いていて楽し気な雰囲気。




e0366084_09452660.jpg



紅い菊は満を持してとばかりに
元気いっぱいでした^^


[PR]
by maehimawari | 2018-11-11 13:21

お初 しもばしら(花)



神社公園の大きなヒノキの木陰で
木漏れ日をあびながら
初めて見た「しもばしら」


e0366084_09274607.jpg

とても小さな花でした。

見れば棘のようにとがった花先が霜を連想させるから
そういう名前?と思いきや
どうやら、そうでは無いようです。


e0366084_09295279.jpg


「しもばしら」とは

シソ科の多年草。枯れた茎に霜柱が出来る事で知られる。

しもばしらが生えていた所には、冬になると枯れた茎の
道管に水が吸い上げられ、外気温が氷点下になるとその
水が凍って、茎から氷柱が出来る(ウイッキベデアより)


という事らしいですが、花も霜柱みたいですよ^^



しもばしらの上に影を作っているヒノキは葉っぱを
茶色に染め始めました。


e0366084_12422099.jpg


昔、子供の頃杉の葉っぱ(杉っぱ)を秋になると
マキの焚きつけ用に沢山拾った事が思い出されます。

杉っぱはパチパチ~ッと燃えます。


e0366084_12461563.jpg

杉と違って葉っぱが平べったくて
なかなか美しく枯れるものです。

田舎には杉の木は沢山ありますが、この木は無かったので
名前が分からなかったのですが
ネットでヒノキと分かりました。



e0366084_12503293.jpg

青い葉っぱの裏模様にYとあるのがヒノキで
似た木にサワラもあり
サワラはこの模様がHなのだそうです。

写真を撮ってもよく分りませんでしたが
トリミングしてよく分りました。


この葉っぱはY模様だったのでヒノキでした^^

ひとつの出会いからいろいろと疑問がとけて
晴れ晴れしました。
散歩の楽しいところです。







[PR]
by maehimawari | 2018-11-10 13:15