前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:夕焼け ( 8 ) タグの人気記事



夏の間は姿を見せない富士山が
ようやくシルエットになって出現。

我が家のベランダからの初冬(昨日)の夕景です。

e0366084_20044879.jpg

よく見ないと分らないような富士山(真ん中にうっすら)ですが
冬になると温度が低くなり、空気が乾燥して澄み渡り
どうやら、埼玉の我家からも見えるらしいです。


e0366084_20062060.jpg


最近もよく夕焼けになるのですが
帯のような線の様な味気ないものでした。

昨日は珍しく空高く薄い赤紫に染まり眺める事が出来ました。

夕焼けは子供の頃から大好きで
山あいに沈む夕日を眺めながら、何時も夢見ていました。

まさか、富士のシルエットが浮かぶ夕焼けの
ベランダに住むとは思っていなかったので
なにはともあれ、これだけは気に入っています。



それから、お昼頃ベランダでは
バッタが一休みしていました。


e0366084_20074089.jpg



ここは4階ですから、きっと風に乗って来たのでしょう。

バッタは、土の中に卵を産んで越冬するそうですから
このバッタは、やがて落ち葉と同じ運命をたどるようです。

束の間の休息に我がベランダを訪れたよう・・・
じきにいなくなってしまいました。



そして、これは珍客とはいいませんが
今時分珍しい「凧」

e0366084_20081752.jpg


最初、あれっ珍しい鳥~と思ったのです。

しっかし、さすがのオトボケ頭の私でも
じ~っと眺めていると
何となく雰囲気が違うのが分かって来ました。

公園でパパが子供と凧で遊んでいたのでした。

昨日は久しぶりだったり、珍しい情景に出会ったり
家にいるだけの暮らしも結構楽しいものだと思いました。

by maehimawari | 2018-11-26 14:53

昨日、小さな森(上加南自然の森)を通ると
木々の間から森の中に陽が差し込んでいました。

そして、そこにポツンとススキの一株が
晩秋の夕陽をあびてキラキラしていました。



e0366084_13393178.jpg

遠い彼方から哀愁の響きが聴こえて来そうな佇まい。




e0366084_19322221.jpg



疲れた羽を休めている渡り鳥の姿にも似て・・・



e0366084_19324606.jpg


あたりにとりわけ目立った背の低い草花はなく
ススキにだけ、スポットライトがあたっていました。


私の中で、秋の思い出と言えば
夕焼けとススキは外せない情景です。

夕方散歩が思いがけずの出会いで嬉しく思いました。


ちなみに、前日の昼間のススキです。


e0366084_14022191.jpg

どちらも好きです^^










by maehimawari | 2018-11-18 14:05

ムクゲが天に向かって



今朝、台風が来る前にちょっと買い物だけと
雨の合間を見て出かけましたが
しっかり降られてしまいました。

これから、どんな怖い台風が来るのだろうと思うと気が重い。


e0366084_14262190.jpg

昨日買い物途中で見かけた
真っ白なムクゲは天に向かって

「平穏な日々を・・・」
と祈っているように見えた。
私も心からそう思う。


昨夕から台風情報が盛んだったので
まさか夕焼けになるとは思いませんでしたが


e0366084_14305674.jpg

こちらの気持ちのせいでしょうか

なんとなく、いつもの一日の疲れを
癒してくれる夕焼けとはちょっと違うかな?
7時頃です。


それからしばらくして


e0366084_14333908.jpg

より、紅く染まりました。

ほんとうに穏やかな明日が来そうな気がします。
台風が来るという気がしませんでした。

夕焼けに罪はありませんが
どうぞ、早く平穏な日々が訪れますように・・・

by maehimawari | 2018-07-28 14:52 | Comments(12)

酷暑日の夕焼け



連日の酷暑日ですが、それでも夕飯が終われば
何とか無事に乗り切った1日が愛おしい。

昨日は、陽が沈んで幾分涼しくなりかけた頃
西の空が紅く染まった事に気付いた。


e0366084_08533595.jpg


我が家のベランダからはこの西の夕焼けは見えない
階段の踊り場で見ました。

久しぶりの夕焼けは好きな色でした。


e0366084_08563719.jpg


夕闇が迫ったほんの一瞬の紅紫の帯・・・

実は夕焼けが大好きで
以前も書いたけど中学校の卒業記念文集に
「夕焼けの嫁になりたい」と書いた。

今思えば、嫁に行かなくて良かった~。
いつか、彼岸の夕焼けに嫁ぐ日が来るだろう
それまではしっかり現実を見るのだ。

息苦しい猛暑の中、ひとり誓う。


e0366084_09053257.jpg

南西のベランダからはこう見えました。

冬はここに富士山のシルエットが浮かびます。
そうすると、また、夕焼けと語る事ができるのです。



by maehimawari | 2018-07-18 14:04

夕焼けの嫁




昨日の夕暮れ
西の空に夕日が沈んで、周りを薄く
うっすらオレンジ色に染めた。

最近、真っ赤に染まった夕焼けに
とんと出会えていないが
それでも、会えばほっとする。

e0366084_13091548.jpg

私の中学校の卒業記念文集の
タイトルは「夕焼け」だった。

e0366084_13492212.jpg
そして、その文中に
夕焼けだけは私の話を黙って聞いてくれて
癒してくれる。だから私は夕焼けの嫁になりたい・・・
のような事が書かれている。

周りのみんなが、将来の夢や卒業に向けて
語っているのに、昔から随分とぼけていたのだな~。

先生に卒業文集を書くようにと
原稿用紙を渡された日
学校の帰りに真っ赤な夕焼けを見た。

新潟の豪雪地帯である。
深い山間に囲まれた
空が真っ赤に染まって色々私に語り掛ける。

あぁ、いつかこの山間を飛び出し
地平線に沈む夕日がみたいな。
そんな風に思った記憶がある。

その後すぐ、私は2階から落ちて
足の甲を複雑骨折して村の診療所に
2か月も入院する事になってしまうのだが
卒業文集の原稿は、多分翌日提出していたと思う。

私が学校を休んでいる間
卒業文集の書き方のお話が
3年生全員体育館に集まって行われたらしく
あまり好きではない国語の先生が
私の「夕焼け」を読んで
作文は、こうして思った事を正直に書きなさい。
と言ったのだという。

学校の帰り、見舞いに来た同級生から聞いた。
ただ、先生は作者の名前を言わなかったから
ちょっとみんなが誰?誰?と騒いだらしい。
ここに居ない人は「ひまわり」だ。となったらしい。

その後、私の人生において
夕焼けに感動したのは数え切れない。
今でも、夕焼けを見ると
たった1回褒められた貴重な出来事が
くっきりと思い出される。
あまり褒められたことがない子供は
50年以上が経ってもこうして覚えているのである。
笑ってしまう・・・

そして、元気になるのである。




by maehimawari | 2017-08-26 14:02 | Comments(10)

夕焼けと富士が好き


今日も穏やかに日が暮れた。

ここに越して来て
しばらく傷心でしたが
富士山が見える事が分って感動し
あれから12年・・・

埼玉南部だから遠くて遠くて
でもはっきり美しいその姿が見えるんです。

今日は薄くて分りづらいのですが
夕日の左側に・・・

どんなにその姿に励まされたか
いえ、今も励まされています。
そして、夕焼けと富士山が好きです。
e0366084_19421031.jpg
e0366084_19533908.jpg
e0366084_20024911.jpg
ちょっとズームするとこんな感じです。
肉眼ではこの位だと思います。


by maehimawari | 2017-01-21 19:56 | Comments(0)

夕日


e0366084_12493410.jpg
昨日も穏やかに夕日が沈んでいきました。

この頃、一日の終わりが穏やかである事に
しみじみとした喜びを感じます。

出来れば、この瞬間がもう少しゆっくりと過ぎて欲しい。

昨日、午前中私が出かけてお昼過ぎてしまったのですが
主人は、お湯を沸かして
カップラーメンを食べていました。

せき込んだり、たんが絡んだりすると苦しそうですが
それがないと、結構穏やかにうつらうつらして
コタツでテレビを観ています。

肺気腫があって、なかなか散歩が出来ず
お風呂もやっとですが
(湯舟が苦しくなるよう・・・)
それでも、愚痴は言いいません。

私の血圧が上がってしまい去年の後半から
薬を飲むようになり、
塩分控えめの食事になりましたが
主人は本当は辛口でしたが、
やはり文句を言いません。

昔の事を思えば大変な変わりようですが
お互い年を取ったので
仕方ないとお互いが諦めた部分もありましょう。

来週は4回目のオプジーボ投与があります。
何事もなく、病院へ送って行けたらいいな。
と思っています。



by maehimawari | 2017-01-19 13:14 | Comments(0)

冬の夕焼け


冬になると我が家のベランダから
南西の方角に富士山が見えるようになります。

ここは埼玉南部ですから
写真に撮ると小さくなりますが
昼間は雪化粧して明るく輝いています。

夜になると薄っすら夕焼けの中で
(中々一面の夕焼けに出会えませんが・・・)
スッキリとしたシルエットが美しいのです。

e0366084_13051470.jpg
昨日の夕焼けはあまりはっきり
していませんでしたが
それでも夕焼けが好きです。

富士山も右手にシルエットを見せています。

少し前まで、あるところで
「夕焼け・・・・」というブログを
書いていました。

夕焼けは一日の疲れを癒し
明日への希望の光を与えてくれます。

いろいろあって
ここに居場所を求めましたが
やはり、夕焼けは好きです。



by maehimawari | 2017-01-07 13:14 | Comments(0)