人気ブログランキング |

前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

友の長女さんの命日


一昨日は、故郷の村でひとり暮らす友
SYさんの長女さんの命日だった。

くしくも私の誕生日と同じ日で、友と二人、忘れられない日である。

もう、長女さんが逝ってから9年が経つ。



e0366084_12524584.jpg


その年、私は仕事で忙しくしていて
SYさんの苦しみを全く知らなかった。

暮れの喪中はがきの代わりに
長いお手紙をもらって、はじめて彼女の苦しみを知った。

寂聴さんも、人の悲しみの中で一番辛い悲しみは
逆縁であろう。といわれている。

友はその数年前にご主人も看取っていたから
その心痛はいかばかりか・・・返事がなかなか書けずにいた。

SYさんは、さんざん泣いたという。
誰にも会いたくなくて、自宅にこもっていてひにち薬をたよりに
ようやく外に出だしたのが、3〜4年ぐらい前からであった。


そして、2016年の春、村の仲間Hさんと一緒に
新幹線「とき」に乗って、新潟から私に会いに来た。

ちょうど花見の季節で
大宮公園で花見をしながら再会する事ができた。


e0366084_13184996.jpg


それ以後、SYさんからは頻繁に電話が来たり、したり。
7月6日になるとSYさんから必ず電話が来るようになった。

SYさんは、ひとりたんたんと生きている。

さまざまな悲しみや孤独や苦しみを乗り越えた強さが
そうさせるのだろう。

その話しぶりは落ち着いていて、説得力があり
小さな悩みで息苦しくなってしまう自分が恥ずかしい。

そして、いつも「あなたはもう少し太らんば・・・」
といわれてしまう。

しっかり食べて、体力つけるからね。
お互い頑張ろうねSYさん。そして、ありがとう。









by maehimawari | 2019-07-08 13:40

新潟の地震


今朝早く新聞で新潟の地震を知った。

新潟には、いろいろと友があちこちにいるし心配だ。

テレビをつけてみると
「関屋小学校(中学校?)の屋上から中継しています」
というではないか。

ドキッ!、関屋は私がここに越す前にお米を送ってくれた
Mちゃんの住む町なのだ。


早く電話したいが、まだ、早い。
はやる気持ちをおさえて、8時になってから電話した。

きっとみんなが電話しているだろう・・・つながらないだろう・・・
案の定、1回では繋がらなかったが
元気な声を聞く事が出来てほっとした。

Mちゃんが無事だから、それでいいという訳ではけっしてない。
本当に被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

今、私は地震に遭ったらどうやって逃げればいいのだ?
本当に人ごとではなく心が痛む。

それから、わが故郷の村に独り暮らしのSYさんにも電話した。
さぞかし怖かった事だろう。

寝入りばなだったので、ラジオを聞いて
娘さんが村上市にいるので心配したようだった。

でも、みんな無事でよかった。


朝から気持ちが沈んでしまったので無理せず
少しだけ歩いた。



e0366084_16140727.jpg

ナンテンの花が眩しかった。



by maehimawari | 2019-06-19 16:17

再びお父さん(主人)へ


お父さん、6月9日はお墓が賑やかだったでしょうね。

高校時代の部活のお仲間が
お墓参りに行ってくれたのよね。

先日、YTさんからまたお便りとお墓参りの写真が届いたのよ。


e0366084_13204352.jpg

飲み会の後、有志5人でお墓へ行ったそうな。

お父さん、みんながお父さんの事懐かしく思って
会いに行ってくれたんだよ。


YTさんは、ずっと心に引っかかっていたんだって・・・
これで、胸のつかえがとれました。
と、お手紙に書いてあった。


あの日、みなさんとどんな話をしたの?

お父さんは、いつも明るくてみんなの中心にいて
「ワッハッハー」と笑っていたもんね。

私が今、具合悪くてやっと歩いている。
何ていっても、どうせ
「なぁに、お前は大丈夫。五黄の寅だもんねハッハッハー」
って感じだよね。


YTさん達に申し訳なくて、今日はスーパーまで歩いたよ。
少しだけ買い物出来た。

帰りはタクシーたのんだけどね。
でも、あそこまで歩いたんだよ。
もう、後は寝転んで野球観てたけどね・・・

でもさ、私まだまだやらなきゃならない事があるんだ。
彼岸から応援してね。

少しずつ頑張る。




by maehimawari | 2019-06-18 13:40

お父さん(主人)へ


お父さん、彼岸へ行ってから2回目の夏が来ますね。
彼岸も暑いんだろうな〜。

こちらは、5月なんて信じられない暑さでまいったよ。

そうそう、つい先日、お父さんの高校時代の部活の仲間
YTさんから電話がきたよ。

お父さんが逝ってから、なかなか同期会出来なかったらしいけど
先月やっとできたらしい。

それで、今度皆さんが集まったら
お父さんのお墓参りに行きたいから、お墓教えて下さいって。

多分、私より早く皆さんがお墓参りに行ってくれるからね。
有難いね!お父さんはいいお友達いっぱいだね。


そして、しばらくしたら、ほら、YTさんの達筆な字で
お手紙が来たのよ。


e0366084_18582907.jpg



先月の飲み会の写真だって・・・
お父さんの遺影の前に並べたけど見えた?誰だかわかる?

私は、YTさんは結婚式で会っただけだもの
全然分からなかったよ。

お父さんが入院している時、YTさんは食道静脈瘤で
やはり入院したりしていたんだよね。

皆で同期会が出来る程回復して本当に良かった。

ちゃんとね、「〇高 バスケット部19回生名簿」があって
お父さんのところは「○○ひまわり」ってなってるんだよ。
男子校なのにね・・・ハハハ。


また、墓参りの写真送ってくれるんだって。
来たら、また、遺影の前に並べるから見てね。


実はね、私、ちょいとしんどいんだけど
こんなお手紙いただいちゃったら
お父さんの分も頑張らなあかん!

そう思ったわ〜。





by maehimawari | 2019-06-04 13:11

先日、岡山に住む中学の同級生ヤーちゃんから
「実家(新潟)の嫁さんがテレビ出るから観てね~」
と、メールがありました。

この実家の嫁さん・良〇さんというのが
またまた、田舎の中学校の同級生で
二人は同級生で嫁と小姑という間柄ですが、とっても良好^^


どうやら一昨日の「たけしの家庭の医学」
(テレビ朝日)で、高血糖症を抑えるビタミンD
をたくさん摂る地域の紹介という事で
我が故郷が選ばれ、村で理想的な血糖値の持ち主である
良〇さんが選ばれたらしいのです。


テレビは魚沼の紹介から始まって


e0366084_13101497.jpg
(テレビ朝日より、以下の写真もすべてテレビより)



e0366084_13141761.jpg

インタビューに答える良〇さん
ウワ~~ッ、懐かしいって言ったって
53年位振りですから
村であってもさっぱりさっぱり分らないだろうな~。


1枚目の写真にもありますが
良〇さんが、ビタミンDたっぷりのキノコ採りを
カメラが追いかけます。


e0366084_13212778.jpg


良〇さんが見つけた「ナラタケ」です。
ちなみに、我が故郷は山菜共和国としても有名です^^



e0366084_13271877.jpg


誰でも山に入って採ってもいい訳ではなく
ちゃんと組合員だったか?
会員として会費を納めていれば
キノコなど採ってもよいそうです。



そして、良〇さんによるキノコ料理が紹介されました。



e0366084_13270281.jpg

これが、先程とったナラタケ入りの味噌汁や
キグラゲのサラダ、キノコの煮もの
あれっ、黒いのは何だったか?忘れましたが
いずれにしてもキノコです。


こうして、血糖値を下げる働きのあるビタミンD。

キノコの中にはこのビタミンDがたっぷりあり
それをしっかり食べているので
この地域の人達は血糖値が抑えられているようなのです。


凄く懐かしく、しかも、大変勉強になって夢中で観ました。

早速、ヤーちゃんにメールして盛り上がったのは
いうまでもありませんでした(^^♪



by maehimawari | 2018-11-08 13:46

友の魚沼産コシヒカリ



今年も新潟の友Yちゃんから
とれたて魚沼産コシヒカリが届きました。

ビックリした事に去年と同じ日でした。
去年は主人が亡くなった翌日に届いたので忘れられません。

今年は命日の翌日、6日に届きました。

e0366084_08092667.jpg
昨日早速食べましたが美味しい~~っ。


e0366084_08111244.jpg
やはりなんだかんだ言っても魚沼産です。
今年も頑張って作って贈ってもらって幸せです。

Yちゃんは、私と同じく65歳まで働いて
今は田んぼや畑で元気いっぱい頑張っています。

いつも、私の一大事には野菜を届けてくれて
「ひまわり、これ食べて元気出せや!」とボソリ。
飾らないさっぱりした性格が私と合って長い付き合いです^^

お礼の電話したところ
Yちゃんの友達の友達が去年の暮れ
ペースメーカー入れなければいけない状況だったらしいです。

ところが、お正月は子供が来るので、それが終わってから
つまり、正月明けに手術が決まっていたそうですが
手術前に亡くなってしまわれたそうで・・・
本当に残念なことをしたと言ってました。

本当に人生はいつ何が起きるか分からず
今日の日がとても大切なのだなとつくづく思いました。

by maehimawari | 2018-10-09 13:53


昨日の夕方、新潟の友Rちゃんからの
「八色っ娘」スイカが届きました。


e0366084_09395834.jpg

Rちゃんは、ご主人とこのスイカを育てて
もう20年以上になりました。

「八色っ娘育てて何年ぐらい?」と私が聞くと
「そだねや、もう、はぁ~20年以上だこてや~」
と、毎年言います。

この2~3年、毎回20年以上だこてや~になってしまって
30年までは行かないけれど
二人で正確な年月が分からなくなりました。

そして、作り始めてからずっと欠かさず贈ってくれます。

去年は、食欲がなくなった主人が
美味しい美味しいと言って喜んで食べました。
今年は、私が次男と食べます。


e0366084_09511300.jpg

うん、甘かった。上品な甘さです。

八色スイカは、新潟魚沼の八海山をはじめとする
越後三山の麓、八色原で作られる事から
八色スイカといわれ
今では全国的に知られるようになりました。

そして、八色っ娘は八色スイカの娘のような
小玉スイカの事です。

その土地の土壌と昼夜の温度差が
高い糖度を誇るとされています。


Rちゃんは、今、この炎天下の中を
スイカの収穫に余念がありません。

本当にしんどい仕事で、近年はサルが食べてしまうので
家の周りだけで栽培しているようです。

また私は、少し心配をかけてしまいましたが
昨日の主治医の結果を報告すると安心してくれました。

今、八色っ娘を食べて元気貰っています。
また来年も作れるように祈りながら・・・

本当に嬉しい。有難い事です。







by maehimawari | 2018-07-14 13:53


先日、再検査や別検査でかなり落ち込んでいる私の元へ
新潟の友、Mちゃんからド~ンとお米が届きました。

とても珍しいというか、中々手に入らない
貴重な新ブランド米「新之助」も入っていました。
ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。


e0366084_08274910.jpg
「2017年販売開始 新潟ブランド米「新之助」

「米どころ新潟の新品種・新之助は
テレビ・新聞等メデァですごい放送されており
お米のヒーロー的存在に感じます。

新之助は、新潟県が新しいブランド米として
7年かけて開発したお米のようです。

特徴は、大粒で甘く冷めても粒が固くなりにくい
これが大きな特徴です」

(上越特産市場より)



e0366084_08433313.jpg

Mちゃんの宅急便には、他にも2キロ入りお米
(新潟コシヒカリ)がジップロックに5つも入っていました。

昨年の秋には
魚沼の友・Yちゃんと従兄には魚沼産コシヒカリを頂いていて
丁度それらのお米がなくなった頃でした。
有難い事です。

まだ、新之助は開けていませんが楽しみです。

そして、お礼の電話はしたのですが
私の病気検査後の結果報告を
まだMちゃんにしていなかったので
心配していると思います。

15日、最終結果を聞いてから
お返しを贈りながら
報告をしようと思っています。




by maehimawari | 2018-03-11 14:01 | Comments(10)


 
毎年いただくスイカ「八色っ娘」
7月23日に、Rちゃんから4個届いた。

それから1週間
大切に大切に食べました。

とりわけ、食欲がガクンと落ちた主人が
喜んで食べてくれて嬉しかった。

Rちゃんにはそれを何度も言って
Rちゃんも喜んでくれた。

そして、残りがこれだけになった。

e0366084_14270921.jpg


今日の夕飯のデザートに食べて終了
また、来年の楽しみとなった。

今朝、感謝を込めてRちゃんに水羊羹を
贈って来た。

本当に嬉しかった
美味しかった
ありがとう。


2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


by maehimawari | 2017-07-31 14:40 | Comments(4)



昨晩、新潟の友Rちゃんより
「八色っ娘」スイカが届きました。

もう、20年近くなりますが
Rちゃんはスイカを作っていて
毎年今頃になると贈ってくれます。

e0366084_07390458.jpg

八色っ娘というのは、小玉スイカの事です。
最初の頃は、八色スイカといって大玉でしたが
時代の流れで、今は小玉スイカにしたそうです。

この八色っ娘スイカは
新潟南魚沼の八色原地域で
作られた事からその名前が付いたようです。

その土壌は、黒土で水はけが良く
八海山を含む越後三山の雪解け水を多く吸い
昼夜の温度差が大きい事から糖度の高さを
高く評価されています。

e0366084_07502793.jpg


以前は若かったし、手広く作っていたようですが
数年前から、サルが畑を荒らすようになって
見回りの出来る家の付近の
畑だけにしたようでした。

今年は、Rちゃんに3月末にお孫さんが誕生して
忙しく苗付けが遅れたようでした。

生まれたばかりのお孫さんの
面倒をみ乍らのスイカ作りは
さぞかし大変であったろうと思いますが
明るいおっとりした声で元気いっぱいでした。

主人もスイカが思いきり食べられると
大喜びです。

e0366084_08114591.jpg

私は今朝、早速4分の1を食べました。
フフ、スイカだスイカ。

甘くて上品なお味です。
美味しかった~~
ものすごく幸せです。

スイカ好きです。
Rちゃん今年もありがとう。




by maehimawari | 2017-07-23 10:21 | Comments(14)