前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧


移り気な紫陽花




昨日、懐かしい桑の実に誘われて
お邪魔したお宅の庭には
紫陽花が咲いていました。
もう、そんな季節だったかしら?

e0366084_14442988.jpg

咲き始めのお化粧は
青めにしようか?


e0366084_14472907.jpg

いやいや、やっぱり赤めが可愛いと思うよ~。



e0366084_14495580.jpg


黄色い小さな蕾は思うのでした。

さて、どっちのお化粧が幸せなのかな?
一生のうち、色々な彩をまとえて
どちらも捨てがたいわ~。



e0366084_14574571.jpg

あっ、多分この木は赤っぽいのかも?

でも、紫陽花は移り気だから・・・
今度、来た時はどんなお化粧をして
見せてくれるのだろう

[PR]
by maehimawari | 2017-05-30 15:08 | Comments(6)



今朝は、血圧の病院の帰り
あるお宅の前で、年の頃は70歳過ぎとおぼしき
ご主人が庭の手入れをしていました。

塀の入り口には見事な桑の実が~
思わず写真の許可を取りましたら快諾です。

e0366084_12441446.jpg

かなり大きな桑の実です。

私は新潟の豪雪地帯出身ですが
子供の頃、母は農業の傍ら
養蚕をやっていました。

今頃だったら春蚕(はるこ)の頃でしょうか。
私の田舎では、蚕のことを「ぼこさま」と言って
春蚕の事を「はるご」と言いました。

6月半ばから7月初めの「ぼこさま」は
「なつご」秋は「あきご」と言っていました。

もう、「はるご」と「なつご」が、
ごっちゃになってしまいましたが、
ぼこさまが大きくなると
当時、藁ぶき屋根だった我が家の茶の間と
次の間いっぱいに、ぼこさまが陣取り
桑の葉を餌に並べてやると
静まった空間でシャワシャワ~と
ぼこさまが桑の葉を食べる音がします。

その桑の木には、実がなるのですが


e0366084_13052152.jpg
私達は、くわイチゴといってよく食べました。

フキの葉を2枚に重ねて、その茎をスジだけ残してとり
2枚に重ねた葉の中に、この桑の実、紫になったものを
たくさん入れて絞って飲むのです。
桑の実にフキのほろ苦さが混ざった
あの、思い出の味がまざまざと蘇りました。


母は、ぼこさま(お蚕さん)が
母の人差し指近くなると、掌に載せ
その白い背中に頬ずりして、愛おしそうでした。

考えてみれば「イモムシ」が
白くなっただけの姿でしたが
当時、現金収入のない田舎の暮らしには
貴重な財源になった訳です。
きっと、母にしてみれば神様の様な
存在だったのかも知れません。


e0366084_13165741.jpg

こちらの桑の木は
2本あって、後ろの大きな木も桑の木です。
実(み)は、手前の桑の実より小さかったです。

ちなみに、田舎の桑の木は
ぼこさまの餌として、切られるので、
このように大木にはなりませんでした。

帰り道、懐かしい思い出が駆け巡り
楽しい出会いであったと嬉しくなりました。



[PR]
by maehimawari | 2017-05-29 13:36 | Comments(8)



今日は、何もしないでのんびりしよう。
昨日からそう決めていました。

今の私にとって、小旅行や友達と会う事などの
約束事はかなりハードルが高いです。

今月の上旬、主人の入院が決まっていたので
その間に、従妹のTちゃんが大宮まで
出て来てくれることになって
会えるのを楽しみにしていました。

ところが、急遽抗がん剤を休みましょうと
翌日退院となり、Tちゃんと会えなくなりました。
久しぶりだったので、お土産も用意しました。
なにより、Tちゃんも色々準備したでしょうに
本当にすまなかったと思います。

e0366084_14330669.jpg

私も聖人君子ではないので
時にはすべて投げ出して
どこか、命の洗濯に飛び出したくなる時もあります。
つまり、現実逃避です。

しかしながら、小心者(気は強い?)なので
さらに、息子達に迷惑かけるのは
もっと辛いので、結局真面目にコツコツと~

実は去年の今頃は、先の事が見えず
やたら疲れてしまって、
多分、足を引きずっていたのだと思いますが
マンホールに躓いて転倒、主人の病院どころか
自身が動けなくなってしまいました。

その時、今、自身に何かあったら困ると思い
息子達に、貯金通帳から大事なもののしまい場所。
あるいは私の入院用品
(これは姑を送った時に感じたの
でいつも用意していました。
しかしながら、下着など年数が経ちすぎると
ゴムが劣化するので
時々差し替えが必要と知りました)
などの、しまい場所を息子達と確認しあいました。

そして、病人を支える家族が
心身共に健康でなければならないと痛感しました。

よって、私に今何が必要か?
考えた時、今日のような何もしない日
主人は入院している訳ですから
心配する事はありません。
全く誰にも邪魔されない自由な空間
心底ホツとする時間が必要でした。

テレビを消して、あっ、ダルビッシュ投手の試合は
観戦しました。3敗を喫しましたから、
ブログに書かずメモだけ綴じました。

掃除も洗濯も昨日したので
なにもしてません。

ゆっくり本を読んだり居眠りしたり
これが、私流命の洗濯でした。

[PR]
by maehimawari | 2017-05-28 15:08 | Comments(8)

涼感




今日は、主人の病院へ行って来ました。
土、日は面会時間が朝10時からです。

普段は老々介護の身、特別許可を取って
朝9時半ごろ行きますが
今日はそうもいかず10時まで、
「けやきひろば」で、本を読んだり散歩したりしました。

そろそろかな~と、腰を上げて歩き始めると
けやきひろばの人工池に
ビルとけやきが仲良く映って
涼感を呼んでいました。

e0366084_13473264.jpg

今日は、そう暑くありませんが
これから、夏を迎える頃には
この池も程よいオアシスになりそうです。

主人は、前回は熱が下がらず心配しましたが
今日は、熱も下がり
放射線治療を5回終えました。
残り5回を全力で頑張り退院するのだと
前向きです。

安心して、病室を後にして
帰り道の「けやきひろば」へ向かいます。

e0366084_14075536.jpg

スーパーアリーナに向かって
そこには、若いけやきが人工地盤ではなく
人工土に植わっています。
この木が、やがてあのひろばのけやきのように
大木になるんだな。

e0366084_14113872.jpg

今日は、何のイベントがあるのでしょう。
前から見るとゾウさんのようでしたが
お兄さんが、機械で空気を入れていました。

この後は楽し気な空間が想像されます。


[PR]
by maehimawari | 2017-05-27 14:17 | Comments(2)



昨日、公園のメタセコイアの木の下で思いっきり
両手を伸ばし、深呼吸をしました。
マイナスイオンを浴びて
生まれ変わったような感じです。

そして、公園入り口に向かうと
人懐こい猫ちゃんが・・・

e0366084_12344379.jpg
 
デジカメ向けても全然嫌がらず
「あれっどこから来たの?」
と、聞きますと

「私の住まいは、ここ、緑町…花番地」
と、言ったかどうかは不明…


e0366084_12425707.jpg

ご近所の方がおっしゃるには
この公園に住む「プリンセス?」らしき存在とか。
とても人懐っこく、誰がなでてもこの表情で
みんなに愛されているらしい。

1回、子供を4匹生んで、ボランティアの方の世話で
仔猫の貰い手も見つかり
さらに、避妊手術も済ませたらしい。

餌は、カリカリのみで、よけいなものは与えないで!
と告知されているのだとか。

e0366084_12564705.jpg


そんな過酷な運命なのに、この穏やかな顔。
見習うべき人格、いや、猫格です。
私ものどをなでさせてもらいました。

e0366084_12580782.jpg

多分、飼い猫で捨てられたのだろう。
という事で、推定1~2歳?

e0366084_13020291.jpg

胸やけしたか?草を食べたり
私がくっついて行っても嫌な顔もせず

今度また来るから遊んでね。
と、かってに友達約束完了しました。

そうそう、名前は決まっておらず
それぞれの方が好きに呼んでいるようでした。

なので、私は「ひまわり」の「ま」と「り」
を取って、「まりちゃん」と呼ぶことに
しました。



これで、この町での猫友3人(匹)になりました。












[PR]
by maehimawari | 2017-05-26 13:16 | Comments(6)



今朝は雨が降っていました。
あぁ~久しぶりに何も考えずゆっくりしよう。
そう思っていたら、雨がやんでしまった。

それでは、なんとなくいつもとは反対方向へ
と、自転車に誘われて
四葉のクローバーを見つけた公園へ~。

ちょうど、草刈りをしていて
当たりは若草のニオイがプンプンしてきました。

自転車ロードを奥の方に進めると珍しい木が3本…

e0366084_14103294.jpg

平べったい葉っぱが珍しく
私の記憶の中にはないような気がしました(左側3本)

e0366084_14133335.jpg


e0366084_14142653.jpg

ヒントの中には
1、中国の四川省で発見された、落葉針葉樹。
2、生きた化石として発見。
3、和名「アケボノスギ」とありました。

そして、アケボノスギをネット検索したところ
かの有名な「メタセコイア」と分かり
ちょっと、いやだいぶ感激しました。

俗にいう、あのカッコいいメタセコイア並木の木が
我が町にあるなんて・・・ウ~~ム嬉しいぞ。

e0366084_14241357.jpg

先日クローバーの生えていた広い草むらは
草刈り機で綺麗に刈り揃えられて
床屋さんも上手に仕上がって来ました。

e0366084_14292574.jpg

モミジも若葉の息吹を発散させていました。

e0366084_14343558.jpg

名前は分からなかったけれど
白い可愛い花の木も
新緑に映えて清々とした雰囲気でした。






[PR]
by maehimawari | 2017-05-25 14:44 | Comments(8)

ビル街のオアシス




さいたまスーパーアリーナに隣接し
新都心の中心に位置する
「けやきひろば」は、ビル街のオアシスとして
今日も清々しい緑空間を提供していた。

e0366084_14154603.jpg


いったい何本のけやきが植えられているのだろう。
けやきは、さいたま県の木らしい。


e0366084_14173089.jpg

10階の病室から見ると一塊になってしまうが
ここに、けやきがあると無いでは大違いだと思う。


e0366084_14202484.jpg


このように、
人工地盤の上にけやきがならんで
夏は街行く人に涼を与え

さらに、年間を通してかなり大きなイベントがあり
多くの人々のふれあいの場となる。

先日はビール祭りが大賑わいだった。

e0366084_14290468.jpg

今日は、特設会場は取り払われて
保育園園児たちが元気に飛び回っていた。


これからけやきの葉が落ちて
荒涼となるころはイルミネーションが
けやきを飾って、また違った
美しいひろばが出現する。

その頃も私はここにせっせと
通っているのだろうか?
まだ分らない。







[PR]
by maehimawari | 2017-05-24 14:41 | Comments(6)

バラ・モーツァルト




今日の公園は、高い木々に日よけしてもらって
ひっそりと静まりかえっていました。

すると、咲き終わった牡丹の手前に
すっくと1本の可愛いバラ。
「モーツァルト」というのだそうです。

e0366084_12390449.jpg

ツル性でアーチなどに多用されるようですが
ここでは単独でした。

木漏れ日の中で、モーツァルトが目いっぱいの愛嬌を
振りまいているようです。

どうやら今日は、クラシックの世界が広がって来ました。

私はクラシックを聴くのは好きです。
e0366084_12473900.jpg

家にも「世界クラシック音楽大系ベスト・90」
などがあり、これはモーツァルトの解説とCDです。
ここに越してからは
一度も聴いていませんでしたが・・・

私は、ひどいオンチで歌うのが嫌いなのですが
音楽を聴きながら
その世界で独自の空間に浸るのは好き。

大昔、高校に入ったばかりの頃だったと思います。
音楽は確か選択科目?
よせばいいのに音楽を選んでしまいました。

そして、ある時クラシックを聴きながら
自由に感想を書きなさい。といわれ
もう、本当に楽しくて
こんな素敵な授業があるのだろうか。
と、ルンルン。
用紙いっぱいに得意の自分の世界の
物語を書きました。

先生は、たいそう気に入ってくれて
名前をすぐ覚えてくれました。

ところが、しばらくしてから
独唱のテストがあるではないですか。
何が苦手って、歌を歌う事。
歌が上手に歌えないのですから。

さぁ、私の番になって、
先生は感想文がたいそう気に入っていましたから
ニコニコして伴奏します。
が、しかし、私は声が震えて出ません。

先生はびっくりして
「どうしたの?ひまわりさん?歌えないの?」って
あぁ、あの時ほど恥ずかしい思いを
したことはありませんでした。

なまじ、クラシック音楽の感想文など
書かなければ、
私のギャップなど分ろうはずもなかったのです。

と、まぁ、モーツアルトのバラから
とんでもない思い出が飛び出しましたが
思い出しついでに、たまにはクラシックでも
聴こうかな~と思いました。






[PR]
by maehimawari | 2017-05-23 13:20 | Comments(4)

ダルビッシュ投手 5勝目




今日(日本時間)レンジャーズのダルビッシュ投手が
タイガース戦に先発し、
5回2失点の力投で5勝目をあげました。

今日の試合は、いきなり立ち上がりに
先頭打者先制ホームランを浴びるなど
なかなか制球が決まらず(5回で105球)
ハラハラドキドキの連続でしたが
それでも、しっかりと粘って5回までを2失点に抑え
試合をつくり、さすがのダルビッシュ投手でした。

内容は、5回(105球)を投げ、5安打、9奪三振
4四球の2失点。

e0366084_14084424.jpg

ダルビッシュ投手は、1点の援護をもらった1回裏の
立ち上がり、先頭打者キンズラー選手に
先制ホームランを浴びました。

このキンズラー選手は、以前、同投手のチームメイトで
下のユニホームをソックスの中に入れる独特のスタイルで
同投手が投げる時は良く打って
援護してくれていましたが、今は敵となりました。

私もレンジャーズ時代は、
キンズラー選手を応援していましたが
今は、サヨナラです。

その後もフォアボールを出したり、カブレラ選手には
ヒットを許しますが、1点で逃げ切りました。

2回もフォアボールを2回出すなど制球に苦しみ
また、カブレラ選手に打順が回って来て
結局タイムリーを打たれて、ここで1失点。計2失点。

でもでも、同投手は修正能力抜群という定評があり
その通り、3回は3者凡退。
4回もランナー背負ってピンチになりますが
0で抑えます。
5回も圧巻の連続三振で3者凡退。
投球数が100を超えたので、
どうやら5回を投げ切ったところで
勝ち投手の権利を持って降板となりました。

チームもさらに加点して
レンジャーズ 5-2タイガース
で勝利しました。











[PR]
by maehimawari | 2017-05-22 14:44 | Comments(0)



今日は、新しい寝間着や着替えを持って
次男も一緒に主人の病院へ行きました。

まぁ、ビックリするような暑さです。
このところご無沙汰の日傘をさして~

e0366084_14184332.jpg

主人の病室から見えるビルの谷間の
緑空間は「ケヤキ広場」そこで
今日は何日目だろう
最終日ですが「ビール祭り」をやっていました。
白く見えるのが、新都心流屋台です。

主人は、帰りにビールでも飲んで帰れや。
と言っていましたが
うんまぁと曖昧な返事をしておきました。


主人は、色々な検査続きで
なかなか熱がはっきり下がらず
食欲がいまいちなんだ。と言っていましたが
次男も一緒だったので
結構嬉しそう。

帰りはエレベーターまで送ってくれて
「ありがとう」と言っていました。

帰りのケヤキ広場は、ちょうどお昼前で
大賑わいでした。

e0366084_14282380.jpg

ビールを買うのに並んで凄い人人。

e0366084_14301327.jpg

特設お店も大繁盛、
暑いし、ビールは飛ぶように売れた事でしょう。
もう、これを見ただけで、侵入意欲消沈です。

よって、大宮で降りて「日高」のラーメン

e0366084_14333626.jpg

味玉入り豚骨ラーメン(次男)
私は味玉入り中華そばです。
久しぶりにラーメン美味しかったな~。
そこで、次男とは別れました。

して、元ダイエーのお手洗いに入って
ふと、日傘がない事に気が付きました。

それで、急いで日高に戻り探しましたが
ありませんでした。

あれ?ウ~~ム?いったい
いつから日傘が無かったっけ?
自問自答しますが分りません。

その時点で、きっと病室において来たんだと
思う事にしたのですが
主人にメールすると
「残念でした~ありません」と冷たい返事。

今頃、冷静に考えてみると
ビール祭りの混雑の中、写真撮る時
ショルダーに引っ掛けていて
落としたのかな~?

とにかく
こういう不思議(ボケッとしただけですが)な
ものの無くし方の時は
「厄落とし」という事にしています。

そそっかしいので
転ばなかっただけ良かった。
と、まぁ苦しい厄落としでした。






[PR]
by maehimawari | 2017-05-21 14:55 | Comments(8)