前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧

鯉の夢




今年もとうとう初夢とは縁遠かったかなと思います。

初夢をネット検索したら
その年最初にみた夢で、元旦の夜にみた夢
または、2日の夜にみた夢となっていましたが
私の場合、いずれも全く記憶にありませんでした。

そこで、夢で思い出しましたが
随分と長い間「鯉の夢」(恋でなくて残念)をみると
風邪を引くという不思議な経験があります。


e0366084_12275353.jpg

私は子供の頃、母の実家であるTちゃん家に行って
泊まったり入りびたりで遊んでいました。

そして、ある夏の暑い日、小学校3~4年?
伯父(母の兄・Tちゃんの父)が大切に
飼っていた錦鯉や真鯉が泳いでいる池に入って
鯉を捕まえようと遊んでしまいました。

もちろんTちゃんは嫌がったと思うし
そそのかしたのは私です。

鯉は結構大きくて、ヌルっと捕まえられませんで
夢中で追いかけまわしていたところ
ある瞬間、鯉たちが一斉に私めがけて突進して来て
ブルっと恐怖を感じて逃げようとしましたが
時、すでに遅しふくらはぎに嚙みつかれてしまいました。

伯父にこっぴどく怒られたのは言うまでもありませんが
家に帰されたのか?母にも怒られたのか?
その後の記憶は真っ白で全くありません。

どうやら、その後「鯉の夢」をみる時があり
気付くと風邪を引いてしまうのです。

小学校の頃は精勤賞をもらうなど
風邪もひかなかったので分らなかったのですが
思春期を迎えた頃から、ほんとにたまに
結婚して子育て中にも
ここに越してからも2~3回くらいあったと思います。

最近は、あまり見ないので
年を重ねて感性もなくなり
(元から無いともいう)
神通力が無くなったのかな?と
少しほっとした部分もあります。

ちなみに、霊感は全くなく鈍感です。
でも、忘れられない「鯉の夢」です。


[PR]
by maehimawari | 2018-01-05 13:16