前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

自宅介護カンファレンス




主人は、今後の治療として
あくまでも、現在の病院が拠点ではありますが
月2回の通院が大変困難な状況となったため
往診の先生や看護師さんなどを
お願いする自宅介護に
重点が置かれることになりました。

これは、主治医のすすめによるもので
病院のケースワーカーさんが
段取りをつけて下さいました。

そして、昨日の午前中
「自宅介護カンファレンス」と称し
病院の1室に、自宅往診医師(代理人)
訪問看護師(管理者)、ケアマネージャー
病院側から、主治医、ケースワーカー、当日主人の担当看護師
我が家からは、私と長男が出席し
参加者が一堂に会し行われました。


e0366084_16493674.jpg


まず、主治医が少し遅れましたので
主人の病状説明は後回しになり
(それでも皆さん全部知っていました。
知っているからこそ受けて下さったのでした)

皆さんの自己紹介から始まり
ベテラン看護師さんが主導をとっ
カンファレンスが始まりました。

でも、私が何も分かっていないので
私が一番心配していることをお聞きしました。

私は、我が家のためにこうして
大きなプロジェクトを
組んでいただき、大変ありがたく嬉しいが
自分が現在腰を痛めていて
正直介護ベッドを入れると言っても
まだ布団が片づけられない状況であります。

というと、「大丈夫私がお手伝いします」
と(ケアマネさん)
そ、そうですか。
(う~~む、あの汚い押し入れ困ったな)
でも私が倒れてしまったら?というと
「大丈夫です。ヘルパーさんもいます」
(看護師さん)
と、もう百戦錬磨を越えてこられた
皆様のお答えでした。

もし、医療型施設もあると聞きましたが?
と訊くと、そこは簡単には入れる訳ではなく
入れても月10何万かかるということでした。

なので
「分りました。皆さんのお力をお借りし
新たな船出をしようと思います。
宜しくお願いします」
と述べている頃、遅れていた主治医が参加し
主人の病気の経過説明をして下さいました。

う~~む!
その後、ちょっと書きづらいですが
主人の脳へのガンの転移は放射線治療が必要で
今回それはしましたが
では、体のどこかへ転移が見つかったから
それっ!放射線、あるいは抗がん剤という訳には行きません。
もう、それらに対処できる体力がありません。

なので、ゆっくりと自宅療養になった訳です。

この状況を家族は受け入れ
何より脳の影響が出た場合
上手に受け入れなければ
ならないようです。


e0366084_19372826.jpg

全く、どうなるか分かりませんが
多くの方々の支援を受けて
我が家は新たな船出をしました。








[PR]
by maehimawari | 2017-09-06 19:49