前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

夕焼けの嫁




昨日の夕暮れ
西の空に夕日が沈んで、周りを薄く
うっすらオレンジ色に染めた。

最近、真っ赤に染まった夕焼けに
とんと出会えていないが
それでも、会えばほっとする。

e0366084_13091548.jpg

私の中学校の卒業記念文集の
タイトルは「夕焼け」だった。

e0366084_13492212.jpg
そして、その文中に
夕焼けだけは私の話を黙って聞いてくれて
癒してくれる。だから私は夕焼けの嫁になりたい・・・
のような事が書かれている。

周りのみんなが、将来の夢や卒業に向けて
語っているのに、昔から随分とぼけていたのだな~。

先生に卒業文集を書くようにと
原稿用紙を渡された日
学校の帰りに真っ赤な夕焼けを見た。

新潟の豪雪地帯である。
深い山間に囲まれた
空が真っ赤に染まって色々私に語り掛ける。

あぁ、いつかこの山間を飛び出し
地平線に沈む夕日がみたいな。
そんな風に思った記憶がある。

その後すぐ、私は2階から落ちて
足の甲を複雑骨折して村の診療所に
2か月も入院する事になってしまうのだが
卒業文集の原稿は、多分翌日提出していたと思う。

私が学校を休んでいる間
卒業文集の書き方のお話が
3年生全員体育館に集まって行われたらしく
あまり好きではない国語の先生が
私の「夕焼け」を読んで
作文は、こうして思った事を正直に書きなさい。
と言ったのだという。

学校の帰り、見舞いに来た同級生から聞いた。
ただ、先生は作者の名前を言わなかったから
ちょっとみんなが誰?誰?と騒いだらしい。
ここに居ない人は「ひまわり」だ。となったらしい。

その後、私の人生において
夕焼けに感動したのは数え切れない。
今でも、夕焼けを見ると
たった1回褒められた貴重な出来事が
くっきりと思い出される。
あまり褒められたことがない子供は
50年以上が経ってもこうして覚えているのである。
笑ってしまう・・・

そして、元気になるのである。




[PR]
Commented by hohsi117 at 2017-08-26 15:24
こんにちは、
夕焼けの空・・・その日の自分の気持ち一つで
いろいろ想像し、思いも巡らせます、
今 ご主人がお留守ですから想い出も重ねられたのですね
素敵な想い出です。
雪国に住む者にとって日の入りの遅い夏の時季は
一回でも多く夕焼けを見たいと願います、
処暑を迎え少しづづ日の入りが早く成って来ました。
Commented by ibakasumi60 at 2017-08-26 15:29
腰の痛みは少し落ち着生きましたか?

夕焼けのお嫁さんになるなんて素敵な発想ですね。
そして何という事か二階から落ちて複雑骨折とは偉いコッチャね。
雪が多くて二階から出入りしていたのが原因でしょうか。
豪雪地帯の苦労は住んだ人に切り判らないことが多いですね。

素敵な夕焼けの思い出に心が温まります。
そう言えばここの所しばらく夕焼け見ていないわ~。
今日も見られそうもない曇り空。
ワクワクするように燃えた夕日に出会いたいです。

お大事にね。

Commented by bluemoon0512 at 2017-08-26 16:14
素敵なお話、ありがとうございました🎵
毎日伊勢湾に沈む夕日をみていますが同じようでもどこか違います
時々会うおじいちゃんも、だから毎日見に来ていると同じように
コンデジで(^^)
夕焼けも海も空も黙って私の喜びや悲しみを聞いてくれます
いつもそこに置いて帰ります
Commented by memmon at 2017-08-26 18:20
夕焼けの嫁って、素晴らしい発想ですね。
感性豊かな中学生だったのですね。

私はほぼ毎日晴れた日は夕焼けを眺めます。
我が家から見える夕焼け毎日燃えるようで恐いくらいですが、嫁になった気分で今度見てみよう。
Commented by maehimawari at 2017-08-26 18:50
hohsiささん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

そうですね。
夕焼けが大好きでいつも眺めていますが、なかなか・・・
田舎にいた頃、母と芋掘りの後の秋の夕焼けが忘れられません。
「ひまわり~~!」って呼ぶので外に出ると空一面の夕焼け・・・忘れられません(^^♪
Commented by maehimawari at 2017-08-26 19:01
さっチャンさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

腰はおかげさまで大分良くなり、明日は病院へ行けるかも知れません♪

うん、秋の借り入れ時でしたよ。2階から落ちるか?普通?って思うけど落ちました。
それでね、1か月は大人しく入院していたのだけれど
もう、残り1か月(動くから骨くっついてなかった)は退屈なので
診療所から学校へ通っちゃって、な~~んか、村始まって以来の前代未聞事件だったらしいの(^^♪
知らんよネ。中学生だからね・・・ハハハ
Commented by maehimawari at 2017-08-26 19:08
bluemoon0512さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

イヤ、素敵って・・・フフ照れちゃうな~(^^♪
伊勢湾だったのですか。
素敵な浜辺、波、夕焼け胸キュンってなります。
そっか、聞いてもらっておいてくれば
波がそれをさらって、また新しい出会いをいざなうのですね~(^^♪
Commented by maehimawari at 2017-08-26 19:14
memmonさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

イヤ~感性のかけらもなかったと思うのですが
とにかく夕焼けが好き!
夕焼けととにかく一緒にいるには嫁になるしかないと
結構本気で思っていたのかも知れません。
なにせ、単細胞ですから・・・(>_<)
そうそう、memmonさんの所から見える富士山と夕焼け、朝日は絶景だと思います♪

Commented by hiro2831 at 2017-08-26 20:09
夕焼けの嫁
タイトルで???でしたが
そういう事なのね
女生徒の時代から感性が素敵だったのね^^v

夕焼けってロマンチックですよね
その上、その綺麗さは日常の些細な事やらリセットさせてくれる
私、いつもそんな感じで夕焼け見ながら歩いてます^^v

Commented by maehimawari at 2017-08-27 07:45
ヒロさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。

女性徒の時代からって、今もですが
興味の対象が変わっていたのですね~。

夕焼けって、多分多くの人に安らぎを与えてくれますよね。
ヒロさんもそんな思いで夕焼け見ていたのですね~(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maehimawari | 2017-08-26 14:02 | Comments(10)