人気ブログランキング |

前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

昨日の新潟豪雨 そして「心の故郷」




昨日は、朝から新潟豪雨のテレビニュースに
くぎ付けでした。

ネットでは、避難勧告が出た魚沼市に
一昨年まで我が実家があった
地区が入っていました。
従兄の所もSYさんの所も入っています。

心配でしたが、今は避難準備で忙しいかも?
と思い、お昼頃まで待って従兄に電話。

すると、確かに雨は凄いが大分小降りになって
家で様子見しているとの事。
従兄の母上(90歳以上)は要介護ですので
簡単に大雨の中外に連れ出せません。

そして、今朝はいつも主人の事で
心配してくれるSYさんに電話しました。
どうやら、お昼過ぎには雨が止んだらしく
避難の用意はしただけで済んだとの事でした。

私などがおこがましいのですが
被害に遭われた方々には
心よりお見舞い申し上げます。

。。。。


私は一昨年の1月に、独身で独居の兄を亡くし
明治、大正、昭和、平成と三代続いた農家を
閉めたというか処分しました。

豪雪極寒の中、兄の葬儀を済ませ雪解けを待って
納骨、永代供養、実家解体。

実家の宅地を農地変更、
そして、相続した土地(山林・農地など)
を従兄に譲渡しました。

今、私の実家は形がなくなり
名実ともに「心の故郷」になってしまいました。

不思議です。
もう、家がないのに
今なお私の魂は
新潟の故郷に存在するのです。

今回の豪雨で私の気持ちは
故郷に集う親戚や友
兄の田んぼ(従兄弟が継いでる)
にとんでいました。

故郷を出てから、故郷を忘れた事はないですが
実家があるうちは、いずれ訪れるから
という暢気さがありました。

しかし、本当にその立ち寄る家が無く
拠り所を失ったという事が
こんなに寂しいものだったとは
思いもよりませんでした。

もうすぐ、お盆が来ます。

e0366084_10223525.jpg
在りし日の実家の池の周りには
この花「ヒオウギスイセン」が沢山咲いていて
お墓に飾ったものでした。

今年も主人の病気があり
兄の墓前まで行けそうもありません。

従兄に草取りと供花をお願いしました。
本当に従兄の存在は有難い事です。



Commented by kobacken at 2017-07-19 11:35
なんだか涙が出てしまいました。
ここでは泣いちゃ駄目だと思っているのに、スミマセン。
私も、世田谷の家の行く末が怪しくて、同じようなことになるのかなって思っていて。
それで心にしっかり故郷を持っていればいいんですね!!
Commented by maehimawari at 2017-07-19 12:49
H子さん、こんにちは。
なんだか、故郷が一大事となったら
自分でも分からない感情が押し寄せてしまいました。

H子さんもご実家の将来を担う運命でしたか。
誰かがやらなければならないのですよね~。
今は、ほっといて空き屋問題とか色々問題になっていますが
誰でも簡単に片づけられる問題ではなく、大変だと思います。

私は従兄がいてくれたので
遠い新潟の行ったり来たりは大変でしたが何とかこなせました。
そう、きっと心の中にしっかり故郷と、覚悟があったのだと思います。
Commented by ibakasumi60 at 2017-07-19 18:18
こんばんは~。
同じく故郷・実家をなくした身としては寂しい限りですね。
せめて両親のお墓参りと思ってもなかなか思うように行けません。
日帰りは強行だしどっかホテルに泊まるのも出費に加算されるし。
泊まれて当たり前の実家が無くなる寂しさを感じています。

この夏行けたら行きたいけどだんだん遠のいで行くのが分かります。
弟が雪掻きで肩の腱を痛めて雪の降る前にとこちらに越してきて2年が経ちました。
覚悟はしていたことだけど弟には言えない寂しさを抱えています。
仕方のないことでこれで良かったのだと思うようにしています。
Commented by hiro2831 at 2017-07-19 19:42
故郷・・ですか
私は実家が同町内なので・・
既に両親はいません
相棒の実家は代が変わってます
遠くと言うか、疎遠になってしまって


遠くの故郷に気持ちをはせて
自分が年をとったと思いますよね

でも、自分の故郷より
子供たちの故郷が「ここ」
両親健在の今の家が故郷よね
Commented by ffchari71 at 2017-07-19 20:14
こんばんは、ぶんです。
古里は思うだけで、暖かくなったり、寂しくなったりしますね。
幼い時の写真を見ると、タイムスリップします。
私も、父母が居なくなり、とうぜん当時住んでいた近所の方も、生存している方は少なくなったと思います。当時、その時間を共有した人の事を思うとこみ上げるものがありますね。
隣のおばさんに可愛がってもらったり、その隣の家にテレビを見せていただきに行ったり。
そう、隣のおばさんの息子さん、幼い頃遊んだのですが、いつのまにかスターになっていて驚いたことも。
Commented by maehimawari at 2017-07-20 07:56
さっチャンさん、おはようございます。

やはり故郷、実家をなくされたのですか。
私の人格形成は、あの雪深い故郷の自然の中だと痛切に感じます。
実家がなくなってから、やたら、私は故郷の中で遊んでいます(>_<)

確か、白い藤のお宅の弟さんですよね。
弟さんがいらっしゃるだけで羨ましいです。
私もこれが運命かと思いますね。


Commented by maehimawari at 2017-07-20 08:04
hiroさん、おはようございます。

hiroさんは、地元の方なのですね。
大宮にいる頃は主人もそうでした。
なにかと、同級生が近くにいたりで楽しそうだったり
忙しそうだったり・・・

そうそう、子供の故郷となると
我が家は責任感じます。
度重なる引っ越しで、ここは息子達は故郷とは言い難く・・・
いろいろありますね。
Commented by maehimawari at 2017-07-20 08:08
ぶんさん、おはようございます。

そうなんですね~。
子供の頃の懐かしい思い出が
故郷を想うたび思い出されますね。

お隣のおばさんに可愛がっていただいたのですか~。
え~~っ、お子さんはスターになられたのですか?
それは楽しいじゃないですか。
サインもらわねば(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maehimawari | 2017-07-19 10:44 | Comments(8)