前を向いて「ひまわり」 maehimawar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

65歳定年(パート)で仕事を辞め、さぁ人生これからと思ったら、主人のガンがみつかりました。そんな状況の中でも前向きに行きたい。


by maehimawari
プロフィールを見る
画像一覧

私の指南書「戦いすんで日が暮れて」


私達夫婦は12年前、
経営していた小さな小さな会社廃業で自宅を売却し
この地に越してきました。

会社廃業と言えば聞こえはいいですが何の事はなく、
倒産寸前の会社をやっとの思いで廃業にこぎつけたというものでした。

なので、その後はオーバーですが、死に物狂いで働きました。
当然当時はまだ借金もあり、
がむしゃらでギスギスしていました。

ちょうどその頃、当時大宮に住んでいたママ友に
佐藤愛子さんの本が面白いからと薦められ
「戦いすんで日が暮れて」(直木賞受賞)という本に出会いました。

もう、読むとツボでした。
何というか、悲惨な状況
(ご主人の会社が倒産し、多額の借金を払うため書いて書いて戦う現状)
をユーモアたっぷりに書かれているのです。

もう、むしろ借金返済を楽しんでいるかのようです。

読んだのは大分昔ですから
内容は詳しくは覚えていないのですが
例えば、借金取りが来たのでカビの生えたお饅頭を出したら
喜んで食べた。とか・・・
何とかおやじって書いてあったか?どうか?
は定かではありません。

とにかく、困難は笑い飛ばすしかないのだ~っという感じなのです。

それを読んで、すっかりその気になった私です。
クヨクヨしたって仕方がありません。
生きているだけ丸儲けの心境になりました。

以後は、図書館に行くたび佐藤愛子さんの本は必ず1冊か2冊借ります。

人気があるのか?
図書館に残ってるのは読んだ本しかない時がありますが
何度読んでも楽しくて元気が出ます。
夜中に一人クスクスする時もありますし
電車内でニヤニヤしてしまう事もあります。

先日、図書館がしまっていて残念でしたが
一昨日行って来ました。
e0366084_14100793.jpg
また、佐藤愛子さんの本が入っています。
楽しみです。

人生、波乱万丈ですが佐藤愛子さんの本を
読むと笑いと元気が出ます。



[PR]
Commented by ffchari71 at 2017-02-28 19:18
こんばんは。
当方、無難なサラリーマン生活を40年近く、そうして、今でも嘱託で続けています。会社も何度か危機がありましたが、もっていてくれたのもありがたいです。一方、リストラに直面しながらも自分もよくこんなに長く勤めたものだと、感心しています。まぁきちんと働いていたこともありますが、流されながら働いていた時期もあり、優良なサラリーマンとは言い難いかもしれません。それにしても会社を立ち上げて、苦労なされて、会社をたたんで、さらに頑張ってこられたとはすごすぎます。まさに波乱万丈だったんでしょうね。
Commented by maehimawari at 2017-02-28 20:51
ぶんさん、こんばんは。
いやいや、40年近く今なおサラリーマンを続けてこられたという事は、大変立派な事だと思います。
主人にはそれが出来なかったのです。
会社は25年続き、私は最初の10年は子育てで家にいましたが、後半15年は出勤しています。
立ち上げの時、主人が代表取締役社長、私が取締役で廃業の時は連帯責任という事になりました。
佐藤愛子さんのように、才能があれば謝金返済もガンガンできますが、なにせパートでは・・・(>_<)
でも、おかげさまで65歳まで働けました。
65歳まで働くと年金と雇用保険が調整なしで、両方もらえちゃうんですよね。しっかりいただきましたよ(*^^)v

実に今の専業主婦は25年ぶりでした(*^^)v
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by maehimawari | 2017-02-28 14:20 | Comments(2)